靴の裏側についたガムを綺麗に剥がす裏ワザ!

写真拡大

ある日、歩道を歩いていたら、お気に入りの靴の裏側にガムがついてしまい、がっかりした、なんて経験はないだろうか。無理に剥がそうとすると余計にくっついて離れなかったりするので、大変だ。そんな時、ある飲み物を使うことで靴に付着したガムが綺麗に剥がせてしまうという情報を入手した「教えて!goo」編集部。そこで今回は、早速その裏ワザを実践してみることにした。

■いとも簡単にガムが剥がれ落ちる!

用意するものは、ウイスキーのみ。やり方は、ウイスキーをトレイなどに入れて、ガムが付着した靴を浸すだけだ。10分ほど浸け置きしておくと、簡単にガムが取れているではないか! 最後に水洗いをしてシミが残らないようにすれば、あっという間にお掃除完了だ。いとも簡単にガムが剥がれる様子は、動画でチェック!



ニコニコ動画で見る→bit.ly/2oARcF5

■なぜウイスキーでガムが取れるの?

不思議に感じるのは、なぜウイスキーに浸けておくだけで、ガムが取れるのか、ということだ。そのカラクリは、アルコール度数の高いウイスキーがポリ酢酸ビニールでできているガムの粘着力を弱めてくれるからなのだ。おそるべしウイスキーの力!である。

おそらく多くの人が靴にガムが付着した際、すぐに手で剥がそうとするだろう。それでスムーズに取ることができれば問題ないのだが、もし手で剥がそうとしても全く剥がれない時は、一旦落ち着いて、今回の方法を実施するのがベストだ。特にお気に入りの靴の場合、ガムのシミや汚れが残らないよう最善を尽くしたい。そんな時は、今回実践したウイスキーに浸ける方法を試してみてはいかがだろうか。

「教えて!goo」では「あなたの知っている裏ワザお掃除方法を教えて!」と題して回答を募集中だ。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)