明石家さんま

写真拡大

8日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で明石家さんまが、酔っ払って絡んでくる一般人への対処法を語る場面があった。

番組では「オリンピックイヤー特別企画 アスリートスペシャル」と題して、ゲスト出演したアスリートがさまざまなエピソードを披露した。その中で、「スポーツマンって面倒くさいなと思った時」というテーマトークで、WBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥が、格闘技をやっているためよく絡まれるのだと打ち明けた。

ほかの出演者から驚きの声があがる中、井上は「身長が自分、デカイほうじゃないんで。酔っぱらいのかたとか、すごい絡んでくるんですよ。それがもう、めんどくさくて」とぶっちゃけた。

そして井上は、巨漢の篠原信一と高田延彦に「篠原さんや高田さん、分かんないですよね?」と声をかけたが、篠原はまれに泥酔した一般人に絡まれることがあるのだと明かし、スタジオは騒然とした。

篠原によると、絡んでくるのはサラリーマンが多いそうで、高田も「グループでいるやつ」「ひとりだったら絶対にこない」と補足するように語った。

すると、さんまは「お笑い芸人でも言われるからねぇ!サラリーマンが団体で飲んでいると」と同調したうえで、「『年収の言い合いしようか?』って言うと黙りよる」と、絡んできた一般人を一瞬にして黙らせる殺し文句を披露した。

これにはほかの出演者も頷きながら大ウケ。井上も「それ、いいかもしれないですね!」と共感していた。

【関連記事】
明石家さんまが小島よしおを叱責 後輩芸人らが一瞬で凍りつく事態
明石家さんま 合コンを開催するも女性がすぐに帰宅「朝まで段取り決めてたのに」
明石家さんまが政界進出しない理由を告白「人気は高いが信頼度が低すぎる」