口永良部島の噴火 火砕流が時速115キロの猛スピードだったと判明

ざっくり言うと

  • 鹿児島県口永良部島の新岳で起きた爆発的な噴火
  • 火砕流は平均時速115キロの猛スピードで山を流れ下ったことが分かった
  • 噴火から1分あまりの短い時間に、山麓の集落近くを通って海に達していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x