囲碁の日本棋院は11日、対局中にスマートフォンなど電子機器の使用を制限することを決め、同日から適用すると発表した。日本将棋連盟ではコンピューター不正使用疑惑の問題で、既に電子機器の使用を禁止しており、囲碁界でもようやく規制に踏み切った。11日から実施の新しい規定では、棋士が対局中や休憩中に電子機器を使用し棋譜中継など囲碁に関する情報に触れた場合、罰則の対象となる。発覚した場合、訓告・戒告・対局