(C)岡本太郎 (C)タナカカツキ / KITAN CLUB

写真拡大

シリーズ累計700万個を超えるカプセルトイ・コップのフチ子と、芸術家・岡本太郎さんによるコラボレーションアイテム「コップのフチの太陽の塔」が2月25日(水)から発売される。

“フチで遊ぶ”フチ子同様、太陽の塔がいびつにねじまがってひっかかったり、乗り越えたり、振り向いたりする姿を披露。さらに、若かりし岡本さん本人もひっかかる「コップのフチの太郎」、そしてファン必見のシークレットを揃えたという全7種類となっている。

マンガとアート、2つの奇才の奇跡の合体


taiyo-re01


カプセルトイメーカー・奇譚クラブとマンガ家・タナカカツキさんの共同開発によって、2012年7月に誕生したコップのフチ子は、これまでにもハローキティやふなっしーなど、多彩なコラボレーションを見せてきた。

そして次なる相手は、日本が世界に誇る芸術家・岡本太郎さんの代表作であり、1970年の大阪万博のシンボルとして世界的に知られる芸術的建造物・太陽の塔だ。

ともにエッジの利いたもの同士による時代を超えたコラボ。タカナカツキさんも「『コップのフチの太陽塔』は、ひさびさに太郎さんがお茶の間にやってきてくれます。それもいびつにねじまがった新造形でコップのフチにひっかかります」とコメントしている。

各商品には、フチ子の原案者・タナカカツキさんの描き下ろしイラストを収録したミニパンフレットが同封される。

ewtaro_mp_01

retaro_mp_04



一般販売に先駆けて、東京・青山の岡本太郎記念館では2月11日(祝・水)から、数量限定で本商品の先行発売がスタートする。