この人、分かってる!女性の喜びが倍増する「褒めどころ」9パターン

写真拡大

女の子を褒めていい気分にさせてあげたいと思っていても、ただ闇雲に言葉を繰り出すだけでは、「心がこもっていない」と思われるのがオチ。せっかくなら効果的な褒め方を心掛けたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『この人、分かってる!』と女の子の嬉しさが倍増する『褒めどころ』」をご紹介します。

【1】「朝からいい笑顔だね」など、女の子にとっての「当たり前」を褒める
「いつも通り挨拶しただけだったので余計に嬉しかった」(10代女性)というように、女の子が何気なくしていることを評価して、意外な点を突く方法です。「笑顔」や「挨拶」など、本人が意識していない「素敵なところ」こそ、ぜひ指摘してあげましょう。

【2】「昔から誰にでも優しいよね」など、尊敬できる点を褒める
「そんな風に思ってくれてたんだ!と感激」(20代女性)というように、女性としての魅力よりも、人柄について触れられると嬉しい人もいます。「親切さ」など、下心を感じさせない要素を挙げると説得力が増すでしょう。

【3】「毎日忙しいのに料理もするの?」など、家庭的な一面を褒める
「そう、もっと褒めて(笑)」(20代女性)というように、家事スキルが高そうなところを称賛するのも、女心をくすぐるようです。「帰りにスーパーに寄らなきゃ」的なことを女の子が言ったら、すかさず「偉いね!」とリアクションしましょう。

【4】SNSに手料理の写真が投稿されたら、「おっ、うまそう」と即座に褒める
「『いいね!』も押して!」(20代女性)というように、女の子がクッキングフォトをSNSにアップするのは、コメントや称賛を期待しているからなのかもしれません。「食いに行きてー!」とダメ押しして、好意を匂わせてしまうのもアリでしょう。

【5】「前髪の分け目、いいね」など、小さな変化を見逃さずに褒める
「毎日見てくれてると思うと、悪い気はしません」(20代女性)というように、女の子のちょっとしたイメチェンをキャッチアップして、自分の存在をアピールする作戦です。見た目はもちろん、「いつもより声が明るいね」などと、目に見えない変化も褒めてみてはいかがでしょうか。

【6】女の子のコンプレックスを、「そこがいいんじゃん」と褒める
「『俺はマシュマロ女子が好きだよ』と言われてなんかキュンとした」(10代女性)というように、女の子が気にしていることをあえて「チャームポイント」だと言い放ち、インパクトを与えるパターンです。カラダのパーツや性格に悩んでいる女の子をみつけたら、「そこが魅力なんだよ」などと勇気づけてあげましょう。

【7】ダイエットしていると察したら、「なんかキレイになった?」と褒める
「張り合いがでる!」(20代女性)というように、綺麗になるための努力をしている女の子には、とにかく前向きな言葉を掛けてあげたいところです。ダイエットしている事実を知らなかったとしても、「なんか違うと思ってた!」と変化に気づいていたことをアピールしましょう。

【8】ハンカチを借りただけでも「気が利くね」と褒める
「この人、ハードルが低くていいなと笑っちゃいました」(20代女性)というように、ちょっとした親切を大げさに喜んであげるのも、女の子のテンションを上げるようです。「ありがとう!」と感謝するだけで褒めるニュアンスは伝わるでしょう。

【9】「気が強そうに見えて、実はオトメだよね」など、内面の女性らしさを褒める
「心の底を見られたみたいでドキッとした!」(10代女性)というように、外から見えない「内側」についてコメントするのも、女の子をハッとさせるようです。性格はどうあれ、「実はオトメだよね」といわれて喜ぶ人は多いでしょう。

褒め上手を目指すなら、「よく見ていないと分からないこと」や「本人が触れてほしそうなこと」を褒めるように意識してはいかがでしょうか。(外山武史)

【調査概要】
期間:2014年4月10日から13日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査