ダレノガレ明美、元キャバ嬢と発覚! 熊切あさ美ら、タブー視されなくなった「水商売の過去」

写真拡大

 1日発売の「フライデー」(講談社)が、人気モデル・ダレノガレ明美のキャバ嬢時代の過去を報じている。“ぶっちゃけキャラ”でブレークし、いまや事務所の先輩であるローラ以上の露出を誇るダレノガレだが、10代の頃から六本木の高級キャバクラに勤めていたという。

 ダレノガレはつい先日、Twitterで過去に胸のしこりを除去する手術を受けたことを明かしており、その中で「昼の仕事と夜掛け持ちしながら手術費を貯めてました」とツイートしたばかり。記事によると、当時ダレノガレはオーディションを受けながら、週5日で出勤していたという。半グレグループ(犯罪を繰り返す非暴力団の集団)のコワモテや、スポーツ選手にも臆さずタメ口で接客し、多くの指名を稼いでいたという。しかし店への不満や、「あのコ全身整形だよ」と周囲に大声で言ってしまうとあって、同店は半年でクビになってしまったそうだ。

「ダレノガレのキャバクラ勤務は、関係者の間では『何をいまさら』というほど有名な話ですが、このタイミングで暴露された裏には、何か事情があるのかも。とはいえ、近年では井上和香や篠田麻里子など、“元キャバ嬢”と言われながらも人気を得るタレントも多く、そこまでの大打撃ではないでしょうが」(芸能プロ関係者)

 芸能界と水商売といえば、スザンヌや中島美嘉など“疑惑”が浮上するもの、また小森純や熊切あさ美など、少数ながら自ら過去の職業として告白するタレントも存在する。

「別にキャバクラ勤務が悪いという話ではありませんが、やはりマイナスといえばマイナスだけに、自ら明かすというのは戦略的にあまり得策ではないですね。ただ、人気者や有名人でもキャバ時代の写真がネット上にアップされるという昨今だけに、後々バレたからといって謹慎やクビということは、ほぼあり得ないですね」(同)

 かつては「夢を売る商売」と言われた芸能界だが、過去の職業が問題視されるケースも次第に減っているようだ。「中には水沢アリーのように、芸能界にスカウトされたのが当時勤務していたキャバクラだった、なんて話もあるほどです」(同)というだけに、今後も「元キャバ嬢」と言われる人気タレントが続々と出現するかもしれない。

※画像はダレノガレ明美オフィシャルブログより