佐藤すみれ

写真拡大

25日の夕方、岩手県で行われたアイドルグループAKB48の握手会で、メンバーの川栄李奈と、入山杏奈が刃物で切りつけられた事件について、元AKB48のメンバーで現在SKE48のチームEに所属している佐藤すみれが、Google+に当日の様子を含め、自身の想いを投稿した。

28日の12時14分付けで公開された投稿では、当日は現場にいたメンバーからの連絡で事件を知り、翌日の公演は「頭の中が空っぽで、何が何だかわからなかった。それでも会いに来てくださるみなさんがいて、本当にごめんなさいと…」と、事件直後の公演で動揺した様子とファンへの謝罪を綴った。

また、川栄や入山はもちろん同じく握手会に参加していた高橋朱里、大島涼花、岩田華怜のことが「心配でなりません」と、他のメンバーへの気持ちも伝えた。

最後には「もう二度とこんなことが起こらないように、今なにをすべきか。これからどうすべきか。真剣に考えるときなんだと思う」と心中を綴った。

この投稿に対し、ファンから励ましのコメントが殺到したが、あるファンが投稿したコメントに佐藤本人がコメント欄で不快感を表明した。

※一部抜粋

もちろん、事件直後はすごく心配しましたが、
あんにん&りっちゃんの瞳の輝きを見て、
100%大丈夫だと確信しました


「心」がしっかりしてさえいれば、
心の傷なんてすぐに消えてなくなってしまうでしょう

このファンの励ましコメントに対して、佐藤は

瞳の輝きをみて100%大丈夫だと思った、とか心の傷なんてすぐに消えてなくなる、とかどんな気持ちで言ってんの?

と返信。

投稿者のGoogle+アカウントは、AKB48関連の投稿がほとんどで、同事件についても発生した当時から事件に対する怒りやメンバーを気遣う投稿を行っていたようだ。

佐藤を怒らせた書き込みも、悪意はなかったのかもしれないが、当事者にしか分からない気持ちを、うっかりした発言によって逆撫でしてしまったようだ。






佐藤すみれのGoogle+公式アカウントの投稿


【関連記事】
フジ「めざましテレビ」 AKB48入山杏奈のなりすましによるTwitter投稿を「公式発言」として紹介し謝罪
「月曜から夜ふかし」で篠崎愛が「AKB48はグラビアをやめて」と発言 マツコ・デラックスはAKBが雑誌の表紙を飾ると売上が伸びる説に疑問を呈する
【速報】第6回AKB48選抜総選挙 中間発表で衝撃結果