内柴被告「自分の無実訴えたい」

ざっくり言うと

  • 柔道金メダリストの内柴正人被告が、女性への準強姦の罪に問われた裁判
  • 東京高裁が11日、懲役5年とした一審判決を支持し、弁護側の控訴を棄却
  • 内柴被告は弁護人を通じ「無実を訴えたい」と上告の意思を明かした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング