夏に“熱燗”でむくみ解消!?日本酒が女性にオススメな理由とは

写真拡大

日本酒は美白効果やアンチエイジング、肩こりや冷えにも良いとされ、近年女性たちからの注目が集まっています。

とくに最近では、「夏に日本酒を飲む」という新しい提案が広まっています。大人の女性にふさわしく、しっとりと日本酒をたしなむ程度にはなりたいと思っている女性が、今すぐ試したくなるような「日本酒の飲み方」を、テレビや雑誌などの各メディアでも活躍している女きき酒師の葉石かおりさんに聞きました。

熱燗にカクテル!夏の日本酒オススメの飲み方

きき酒師、焼酎アドバイザーの資格を持ち、酒ジャーナリストとして全国の酒造や酒場をめぐり、お酒の魅力や文化を発信しつづけている葉石かおりさんがオススメする、この夏に気軽に始められる女性のための日本酒の飲み方をご紹介します。

●その1:ワイングラスで香りを楽しむ

通常はお猪口で飲む日本酒も、ワイングラスで飲むと日本酒独特のフルーティーな香りと日本酒本来の色を楽しみながらオシャレに飲むことができます。お猪口に比べてワイングラスは高さがあり、香りがグラス内にこもるため、すぐに揮発してしまうお猪口よりも長く香りを楽しめます。堅いイメージだった日本酒に対しても、女性らしい飲み方でスムーズに受け入れられるので、新しい発見につながるかもしれません。

●その2:カクテルで日本酒を知る

食品を泡状にする“エスプーマ”を使った日本酒カクテル『マジックスプーン』をご存じでしょうか。日本酒をひと口サイズのムース状にし、デザート感覚でいただけるお酒だそうです。このように、いまは日本酒が苦手という女性にも飲みやすい“日本酒カクテル”が人気です。

私がオススメしたいのは、にごり酒とビールのハーフ&ハーフです。日本酒の甘みと喉ごしの良さに驚くはずです。また、『ソーダストリーム』というご家庭でも簡単に炭酸水をつくれるソーダメーカーで、自分の好みの日本酒を炭酸化して、日本酒の風味とともにシュワシュワした爽快感も味わえる飲み方は、この夏にオススメです。

●その3:暑い時期にあえての熱燗

暑い夏の時期に、女性にオススメしたい日本酒の飲み方は“燗酒”です。冷房の効いた室内で一日中仕事をするような働き女子の方々にとって、“冷え”は大敵です。ましてや冷たい飲み物を体内に入れると内臓が冷えてしまい、元の体温に戻すまでには時間と熱量を要します。ですので、夏こそ燗酒を飲んで欲しいのです。むくみや代謝を落とす原因となる“内臓冷え”の解消にも一役買います。

お酒が飲めない人は、お風呂に古くなった日本酒を2合と、お塩を大さじ3杯ほど入れて入浴するのをオススメします。私も実践している入浴法で、発汗作用を促し、保温効果もあるので、夏場には最適ですよ。肌もツルツルになります。

■奥深い日本酒の世界を知ろう!

以前にマイボイスコムが14,643人の男女に対して行なった「日本酒に関するネット調査」によると、日本酒のイメージは、「アルコール度数が高い」「伝統的」「年齢が高い人向き」「辛い」「男性的」といった声が多かったそうです。

実際、30代女性たちのあいだでも、日本酒は「悪酔いする」「オジサンが飲む」といったイメージが強いようです。でも、美肌や美白、ストレス解消効果など、日本酒は美容に良いことは周知の事実。日本酒と一緒に同量以上の水を飲んでいれば、悪酔いも防ぐことができるといわれています。

いまこそ、大人の女性として、奥の深い日本酒の世界を知ってみてはいかがでしょうか。

(参考・取材)
葉石かおり(エッセイスト・酒ジャーナリスト)
http://www.haishi-kaori.com/

Written by カタタク
Photo by Alaskan Dude