こんにちは、MANAMIです。
 今回のテーマは、印象的な目元を演出するのに欠かせないアイライン。大きく、くっきりとした目に見せるためにアイラインを引いているのに、ラインだけが悪目立ちしてしまったり、かえって目が小さく見えてしまっている人をたまに見かけます。効果的なアイラインを入れるために重要なのは、まぶたのタイプに合ったラインにすること。二重、奥二重、一重、それぞれの目元を輝かせるラインの入れ方をレクチャーします。

ペンシル?リキッド?ジェル? どのアイライナーを使えばいい?

 アイライナーには大きく分けてペンシル、リキッド、ジェルの3種類があります。それぞれの特徴を知って、自分にぴったりのアイライナーを見つけましょう。

 まず、ペンシルタイプのアイライナーは初心者でも引きやすいのが特徴。少しずつ引くことができるので、まつ毛とまつ毛の間を埋めるのにも向いています。メイク持ちがあまりよくないので、アイメイクがにじみやすい人には不向きです。

 次に、リキッドタイプのアイライナーですが、韓流メイクのようにアイラインを見せるメイクに向いています。筆ペンタイプやフェルトペンタイプを選ぶと引きやすく、少しずつラインを太くしていくことも可能です。ラインが乾くとにじみにくいですが、乾く前にまばたきをすると、まぶたについてしまうので注意!

 ジェルタイプのアイライナーは、ペンシルのように少しずつ引くことができる上、にじみにくくメイク持ちがいいのが特徴。ラインが乾いてから重ねるとポロポロと落ちてしまうので気をつけて。ポットに入ったジェルを筆に取って使うものが主流ですが、ジェルをペンシル状に固めた「ジェルペンシル」も登場しています。筆で上手に引けないという人におすすめです。

二重まぶた

二重まぶたは、やや太めラインですっきり目元に

 二重の幅が広い「はっきり二重」の人におすすめなのは、やや太めのアイライン。太めのラインは、目のフレームをはっきりさせるのと同時に、まぶたをすっきり見せる効果もあります。太めのラインを失敗せずに入れるコツは、一気にスーッと描こうとせず、少しずつ描き足していくこと。使うのは、描き足しが可能でにじみにくいジェルペンシルです。

Before

1 ペンシルをまつ毛の下から入れて、まつ毛とまつ毛の間を埋める




 まつ毛の生え際が見える角度に鏡を持ち、ペンシルをまつ毛の下から入れて、まつ毛とまつ毛の間を埋める。ラインを引くのではなく、ペンシルを小刻みに往復させて埋めていく。

2 小指を頬に当てて手元を固定して、少しずつラインを太くしていく




 テーブルに鏡を置いて目をつむった状態で、上まぶたをペンシルを持っていない方の指で軽く引き上げながら、二重の幅の半分くらいまでラインを入れる。目頭から目尻へ向け、少しずつ描き足していく。ペンシルを持った手の小指を頬に当てて固定すると、ぐらつかず描きやすい。

After



一重まぶた

一重まぶたは太めラインを効かせてくっきり目元に

 一重まぶたのアイラインで一番大切なのは、目を開いたときに見える太さのラインを入れること。目を開いたときに見えないようでは、せっかくラインを入れても効果が出ないので、目を開いてラインの見え方を確認しながら進めましょう。くっきりとしたラインを入れられる筆ペンかフェルトペンタイプのリキッドアイライナーがおすすめです。

Before

1 目を開けてラインの見え方を確認しながら入れる

 まつ毛の生え際にリキッドアイライナーでラインを引いたら、少しずつ描き足してラインを太くしていく。ラインが乾いたら目を開いて、ラインの見え方を確認しながら太くする。目のフレームがはっきりしたと感じるくらいまで太くする。







2 ペンシルでまつ毛のまつ毛と間を埋める

 さらにフレームをくっきりさせるために、ペンシルでまつ毛とまつ毛の間を埋める(入れ方は二重まぶたのプロセス1参照)。

3 下まぶたの目尻から黒目の中央までラインを

 目を縦に大きく見せるために、下まぶたにもペンシルでラインを入れる。下まぶたを軽く下に引っ張りながら、目尻から黒目の中央あたりまでラインを入れる。目尻がやや太くなるように入れるのがポイント。


After

奥二重まぶた

奥二重まぶたはインサイドラインでフレームを強化

 まぶたがかぶさっていて、ラインがつぶれてしまいがちな奥二重まぶたの人に効果的なのは、ラインを見せずに目のフレームをはっきりさせる方法。具体的には、まつ毛とまつ毛の間を埋め、さらにその少し内側の粘膜部分にもラインを入れていきます。まぶたがかぶさっていない目尻部分のラインをスッと伸ばすと、目の横幅も大きく見えますよ。インサイドラインに描いてもにじまず、まつ毛の間を少しずつ埋められるジェルペンシルをセレクト。

Before

1 ジェルペンシルでまつ毛とまつ毛の間を埋める

 まつ毛の隙間を埋めるように少しずつラインを入れる(二重まぶたのプロセス1参照)。
2 インサイドにもラインを入れてフレームを際立たせる

 1で入れたラインより内側の粘膜部分にもラインを入れる。入れる場所は、まつ毛の生え際より内側にある白っぽい部分。やわらかいジェルペンシルを使い、力を入れずに入れること。
3 目尻のラインを伸ばし、目の横幅を大きく見せる

 まつ毛とまつ毛の間を埋めたラインを、目尻より3mmくらいスッと真横に伸ばす。目尻のラインはまぶたで隠れてしまうことがないので、このひと手間でぐっと目が大きく見える。
After

★MANAMIおすすめのアイライナー

描きやすくにじみにくい ジェルペンシルアイライナー

おどろきの柔らかさでスルスル描ける





柔らかくなめらかな芯なので、まぶたにひっかかったりヨレたりせずにラインが描ける。ラインが乾くとまぶたに密着して、涙や汗にもにじまずラインが長続きするウォータプルーフタイプ。全2色(うち1色は限定カラー)。インテグレート キラーウインクジェルライナー BK999 0.28g 997円(編集部調べ)問/資生堂 FREE 0120-81-4710

濃密な黒が目元をくっきりを見せる





すべりのいいワックス成分と揮発性シリコンを配合し、描きやすさと落ちにくさを両立。黒の発色が濃く、濡れたようなツヤの漆黒ラインが完成する。自然に仕上がるナチュラルブラック、柔らかい印象のナチュラルブラウンも。全3色。
ケイト ラスティングジェルペンシル BK-1 1050円
問/カネボウ化粧品 FREE 0120-518-520

クリームのようにとろけるアイライナー





肌の上で溶けるようなテクスチャーなので、力を入れずにラインが描け、インサイドラインも入れやすい。すぐに乾き、まばたきをしてもヨレたり崩れたりしないウォータープルーフタイプ。全6色(うち2色は限定カラー)。エム・エス・エイチ アイスクリーム ブラックコーヒー 0.28g 1260円
問/スカイ・グループ 03-6805-1313

極細ラインも太めラインも自由自在 リキッドアイライナー

専用クレンジング不要なのに落ちない超極細ライナー





繊細なラインが簡単に描ける超極細の筆ペンタイプ。涙や汗、皮脂、こすれに強く、ツヤのある濃密な発色が長続きするのに、専用クレンジング不要で簡単にオフできる。全2色。
ファシオ スムース リキッドアイライナー BK001 1050円
問/コーセーコスメニエンス FREE 0120-763-328
フィルムタイプでパンダ目にならない





クイックフィットポリマー配合で、まばたきなどの動きやこすれ、汗、涙に強い。極細の筆先はどんなラインも描きやすく、プロにも愛用者が多い。全1色。CHACOTT FOR PROFESSIONALS HD クイックアイライナー ブラック 1575円
問/チャコット 03-3476-1311

フェルトペンタイプで太いラインもラクラク





アイライン初心者でも描きやすいフェルトペンタイプ。皮膜形成ポリマー配合で、皮脂やこすれに強く、化粧直ししなくてもくっきりとしたラインが長続きする。全1色。
キャンメイク パーフェクトブラックアイライナー 525円
問/井田ラボラトリーズ 03-3260-0410