「武道館で一緒に観戦」亀田家と協栄ジムに漂う和解ムード 大毅vs坂田が実現か

写真拡大

 前WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積が衝撃のKO負けした30日の日本武道館。ジム活動停止で渦中の亀田兄弟の長男、興毅が観戦したことが伝えられたが、実はアッと驚く人物たちと一緒だったことが目撃されている。

 メインイベント、長谷川の試合ではフェンス内の関係者席で観戦した興毅だったが、その前の西岡利晃の世界タイトルマッチでは、東側のリングサイド観客席にいた。このとき左横にいたのが、何と協栄ジムの関係者たちだったのだ。

 亀田と協栄といえば所属時代のファイトマネーをめぐる裁判で犬猿の仲となっている間柄。WBA世界フライ級チャンピオンの亀田大毅が義務付けられている協栄ジム所属の坂田健史との試合は、父・亀田史郎氏が「地球が爆発してもやらない」とキッパリ拒否していたほどだ。

 しかし、30日の試合会場で興毅の隣にいたのは協栄ジム・金平桂一郎会長の妻である女性と篠田誠司トレーナーだった。さらに、西岡がKO勝利を決めた直後、興毅は篠田トレーナーと一緒に席を立って関係者のみ立ち入りできる部屋へと姿を消しており、用意された席が偶然隣だったというわけでもなさそうだ。これは一体何を意味するのだろうか。

「史郎さんが暴言を吐いた騒動で、亀田兄弟の所属は"東日本ボクシング協会預かり"となったけど、その協会関係者が仲介して協栄との和解を進めたという噂もあったんだ。観客の前に平然と一緒に出てきたぐらいだから、近いうちに大毅と坂田の試合も決まるんじゃないか」(事情通)

 ファンにとっては大毅と坂田の試合が決まってくれれば朗報だろう。ただ、一方ではこんな心配をする声も。

「かつて協栄ジムは亀田兄弟を所属させたことで数々のトラブルに巻き込まれ、今もそのイメージダウンから回復しきれていない。和解はいいけど、あまり近づきすぎるとファンから"また亀田と親しくなったのか"と、うがった見方をされることもあるでしょう」(ボクシングライター)

 犬猿の仲のままリング上で決着をつけた方が盛り上がる気もするが、いずれにせよ大毅vs坂田の因縁の対決が実現してくれるのなら歓迎だ。



【関連記事】
 「亀田側の入札者がいない!?」ボクシング大毅 vs.坂田戦の競争入札対応で大混乱
 亀田史郎氏に反省の色なし! 永久追放から3日後に早くもメキシコで活動再開
 宙に浮く亀田三兄弟の行方──「史郎のコピー」三男・和毅が新たな火種に!?