写真共有SNS「インスタグラム」のロゴ(2019年5月2日撮影、資料写真)。(c)LOIC VENANCE / AFP

写真拡大

【AFP=時事】マレーシアの少女(16)が、写真共有SNS「インスタグラム(Instagram)」上で、自分は生きるべきか死ぬべきかと問いかけるアンケートを行い、約7割が死ぬべきだと回答した後に自殺する事件が起きた。

 警察はこれを「突然死」として扱っており、捜査を求める声が広がっている。

 ボルネオ(Borneo)島サラワク(Sarawak)州のクチン(Kuching)在住の同少女は13日、インスタグラムで「死/生、選ぶの手伝って」と投票を募った。

 地元メディアが警察の話として報じたところによると、回答者の69%が自殺に賛成し、反対した人は31%にとどまったという。

 ある議員は、今後同様の事件が繰り返されるのを防ぐため「犠牲者のアカウントと、死に至った経緯を調べるよう当局に要請した」と語った。

 サイドサディク・サイドアブドルラーマン(Syed Saddiq Syed Abdul Rahman)青年・スポーツ相はツイッター(Twitter)に、自国の若者の心の健康状態を「心から懸念している」と投稿し、「真剣に捉えなければならない国家の問題。国全体での議論が必要だ」と訴えた。

【翻訳編集】AFPBB News