嵐

写真拡大

日本テレビは“結果オーライ”

 令和になって初めてとなる24時間テレビ、そのメインパーソナリティーは――。3月16日の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系列・土曜21:00〜21:54)で発表されると、関係者の間に激震が走った。

 ***

 芸能担当記者が、その背景を明かす。

「今年で42回目となる24時間テレビですが、オンエアは8月24日から25日。嵐はノーマークだったので、さすがに驚きましたね。日テレ社内ではKing & Princeが有力視されていたそうですから、一体何があったんでしょうか」

 まずは東スポが1月24日(電子版)に「休養中のキンプリ岩橋『24時間テレビ』で復帰か」と報じ、《今夏はキンプリを起用するプランが検討されている》と口火を切った。

 続いて週刊女性が3月5日(電子版)、「King & Prince『24時間テレビ』メイン内定のウラに、日テレがNG出した“先輩J”」と断言。《「若手のKing & Princeが内定しているそうです。近々、正式に発表されるでしょう」(日本テレビ関係者)》とのコメントを紹介した。

 ところが3月12日、再び東スポ(電子版)が「日テレ大失態『キンプリ引っ越しトラブル』でジャニーズ激怒」の記事を掲載。朝の情報番組「ZIP!」がスポンサーとトラブルを起こしたため、ジャニーズ側が激怒。King & Princeが《『24時間テレビ』への出演も辞退しかねない》とした。

 嵐がメインパーソナリティーだと正式に発表された今、東スポも週刊女性の記事も、結果的に“誤報”のように見える。だが、日テレの関係者は「実は、それが違うんです」と明かす。

「嵐のメインパーソナリティー就任がサプライズ発表され、誰もが驚いたのは事実です。事前に情報漏れもなかったし、嵐の起用は日テレの“大金星”に見えます。とはいえ実際のところ、日テレは今年King & Princeを起用し、来年は嵐でいくつもりでした。最終的にはジャニーズ事務所側の意向が通って、今年は嵐が起用されることになったんです」

CM契約を増やしたいジャニーズ

 東スポと週刊女性がKing & Prince説を流した根拠の1つに、メンバーの1人がパニック障害で休養していることがある。彼が「24時間テレビ」で復帰し、自らの闘病について明かすことは、チャリティー番組に相応しいと分析した。

 一方、前述の日テレ関係者によれば、ジャニーズ事務所が嵐にこだわったのは「とにかく引退興行で稼ぐためです」と指摘する。

「嵐は1年間で数百億円を売り上げると言われます。活動休止になれば、これが消えます。しかも復帰の見通しは乏しく、このまま実質的な解散になってしまう危険性もあります。ジャニーズとしては2020年末の活動停止まで、稼ぐだけ稼がせたいということでしょう」

 嵐には2年間の時間が与えられている。これをフル活用するにはどうしたらいいか――。
 
「日テレは今年がKing & Princeで、活動停止になる2020年で嵐をメインパーソナリティーにしたかった。『あと4か月で嵐は見られなくなります』という宣伝が可能になりますからね。ですが、20年に嵐が巨額のカネを生むのは当たり前です。ジャニーズとしては19年こそテコ入れが必要なんです」(同・関係者)

 今年の「24時間テレビ」に嵐が出演すれば、当たり前だが老若男女の視聴者が注目する。このチャンスに乗じて、CM出演を増やしたいとの思惑があるというのだ。

「嵐のメンバーが単独でCMに出ると、ギャラは他の有名・人気芸能人と変わらない額にしかなりません。ところが、嵐の全員がCMに出演すると付加価値が跳ね上がり、ギャラも比例するんです。ジャニーズ事務所は今夏の『24時間テレビ』を、嵐のグループCMを売り込む絶好の機会と考えています。2020年の『24時間テレビ』で注目を集めても、残された時間が僅かなので、CMの契約には結びつきませんからね」(同)

 さらに、嵐が“ある記録”にこだわっているという話も――。

「『24時間テレビ』の最高平均視聴率は、2005年の19.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。メインパーソナリティーは、草なぎ剛(44)と香取慎吾(42)の2人でした。これは事務所にとっては黒歴史ですからね。嵐というより事務所の大幹部が、何とか嵐に視聴率1位の記録を作らせたい、と考えているようです」(同)

週刊新潮WEB取材班

2019年4月13日 掲載