ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 木村拓哉(46)と中居正広(46)がそれぞれ、出演したテレビ番組で、「SMAPだったこと」を印象づけるような発言をしてネット上が沸いている。木村は9日放送のTBS系バラエティー番組「人生最高レストラン」に出演。

関ジャニ脱退報道の錦戸亮と残留濃厚な中居正広との“明暗”

「木村さんが人生で最高においしかったものとして語ったのは、ドラマ撮影で訪れた北海道の根室で食べたミートソースの味。あまりにおいしかったため、『絶対、味を覚えて帰ろうと思って、後日収録のあったビストロSMAPでパクリました』と発言。さらに『うれしかったのは、ビストロ(SMAP)のレシピ本が(店内に)並んでいたんです』とも。木村さんがSMAP時代の思い出を自ら語り、それをテレビ局側もカットしなかったことが驚きでした」(芸能ライター・エリザベス松本氏)

 驚くのも当然で、各テレビ局はSMAP解散後、まるで最初からなかったかのような扱いをしてきた。

 たとえば、平成のヒット曲を年度別に紹介したある歌番組では、2003年度の売り上げ1位だったSMAPの「世界でひとつだけの花」の存在を無視。違う番組では、国立競技場で公演をしたアーティストを紹介する場面でSMAPの名前だけを挙げなかったということもあった。

ジャニーズ事務所に対するテレビ局側の過度な忖度なのかもしれませんが、SMAPについては、これまであまりにも不自然な扱いが多すぎたんです」(在京キー局関係者)

 一方、中居は10日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演。番組内で、ゲストの加藤浩次(49)が、かつて香取慎吾(42)と共演したドラマでのエピソードを披露。スタジオに後から登場した中居は「あの慎吾ちゃんのくだり、良かったよ」と、笑顔で加藤の胸をポンポンと叩いた。これにはネット上も大興奮。「中居君の口から『慎吾ちゃん』呼びが聞ける日がくるなんて」と感極まった様子だ。

「錦戸亮さんや長瀬智也さん、山下智久さんら『ジャニーズを退所するのでは』と噂される人が後を絶たない。木村さんも中居さんも残留はしたものの、SMAPをなかったことにする事務所の姿勢に飽き飽きしたのかも。解散をめぐって確執があったことは確かで、今は“ジャニーズ帝国”も揺らいでいるにせよ、メンバーは結成から28年間、苦楽を共にした盟友ですからね」(エリザベス松本氏)

 残留組2人の発言で、ファンの中には、独立した「新しい地図」3人の地上波本格復帰を期待する向きも。そんなファンの気持ちを黙殺するようでは、いずれ事務所も、忖度するテレビ局も見放される。