Appleが、ディスプレイが折りたたまれたときでもダメージを受けないコーティング技術の特許を申請していたことが明らかになりました。

ポリマーとフレーク顔料でてきているとだけ記載

Appleが申請した特許技術のディスプレイコーティングは、ポリマーとフレーク顔料でできており、ディスプレイを内側と外側に折り曲げてもダメージが生じないとされています。
 

 

Androidメーカー各社が折りたたみデバイスを開発

Samsungは11月中旬に開発者会議で折りたたみディスプレイ技術を公開しており、2019年3月にもGalaxy Fなる折りたたみスマホの発表が見込まれています。
 
LGも折りたたみデバイスを彷彿させるトレードマークを申請し、中国ベンダーOppoも来年2月に折りたたみスマホを発表するといわれています。
 
Appleは2017年11月に折りたたみ可能なiPhoneについての新特許を申請していましたが、今回折りたたみデバイスのディスプレイコーティング技術の特許を申請していたことがわかり、折りたたみデバイスの販売を視野に入れている可能性が浮上しました。
 
折りたたみスマホは、2019年のスマホのトップ・トレンドにも選ばれており、来年スマホ市場を賑わせるかもしれません。
 
 
Source:Patently Apple via Inverse
Photo:LetsGoDigital
(lexi)