機械で造るのに“手造り”?

写真拡大

「手造り」はテレビ用… 田中義剛の完全機械化「生キャラメル工場」(下)

「手造り」を謳う花畑牧場の生キャラメルだが、実際は“機械化”“マニュアル化”にもとづく商品だった。タレントの副業を超えたビジネスを展開する田中義剛社長(60)は、これに何と答えるか。そして生キャラメルに代わる主力製品にも、こんな声が。

 ***

 最近の花畑牧場はチーズ製造に力を入れ、田中はテレビに出演する際、主にチーズについて語っている。たとえば、8月9日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」では、生キャラメルブームが去ってからの7年間、世界各国を飛び回って、ヒット中のラクレットチーズを見つけた経緯が紹介された。田中は、

「この柔らかさ、このモチモチ感。自分でやらないとチーズはわからないです」

機械で造るのに“手造り”?

「日本のラクレットチーズの90%くらいは、うちの花畑牧場が造っている」

 などと自賛したが、こちらはどうなのか。ちなみにラクレットチーズとは、溶かして野菜や肉料理にかけて食べるタイプのもの。十勝のチーズ業界関係者は、

「ラクレットの卸値はキロ4千円を切るくらいが普通なのに、花畑さんは3千円を切っている。薄利多売にしないとこの値段は無理ですね。この地方のチーズ製造では真山亮さん=仮名=という方が超有名人で、ラクレットの先駆者。2年に1回行われるALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストの、1998年の第1回目で金賞を取られたのが真山さん。田中さんも真山さんに習って同じ賞を取ったんです」

 そう話すので、真山氏を知る関係者に聞いてみた。

「生キャラメルブームが去った直後の2010年。真山さんが世界的に権威ある賞の銀賞をラクレットで受賞すると、田中さんは10日と待たずに、教えてほしいと請うてきたとか。真山さんは“ちゃんとやるならいいよ”と、花畑牧場の工場に出向いて指導、真山さんの下の工場長も行って指導したそうです。田中さんはそのすぐ後に賞を取ったんです。でも出品したチーズは、その工場長のレシピで造ったらしいんですが」

 なにも世界中を飛び回らずとも、ご近所に金のなる木を見つける嗅覚と、そこに土足で踏み入る積極性はさすがである。

「ただ真山さんは、自分の4倍の規模にまでチーズ造りを拡大して衛生管理は大丈夫か、従業員が少なすぎるが、と心配していた。今春、真山さんに“衛生管理はちゃんとやれよ”と言われた田中さんは、“これからちゃんとやります”と答えたそうですから」(同)

「火加減は手造りです」

 ともあれ、機械化された生キャラメル製造を、いまなお「手造り」と謳いまくっていることについて、当の田中はなんと答えるか。

「回転釜は4台入っています。(画像を見せて)これが機械で、銅釜5台分くらい入って、下が火です。フルオートなら、人の手をかけずにと言うこともできますが、うちは違う。火加減はみな手でやっています。そうでないと焦げたり、仕上げの時間がまちまち。“手造り”という表記に関しては、コンプライアンス上の決まりがあるわけではない。うちはキャラメルで重要な火加減は職人技でやっていて、そこは変えません。すべて火加減は手造りです」

 HPの表現を見るかぎり、職人が手炊きしているとしか思えないが。

「それは削除します」

 なぜ、テレビでは銅釜で手炊きさせたのか。

「テレビ局の判断なので」

「自動練機日報」の存在は把握しているのか。

「知りません。たぶん機械屋さんが作ったマニュアルで、それに従うだけではできないから、人が見ているんですよ」

 火加減を見る「人」は派遣社員ではないのか。

「いや、そこは社員とパートリーダーがやっています。派遣がやる場合があっても、経験がある人がやる」

 そこで、あらためて花畑牧場の元従業員に聞くと、

「自動練機日報で指示された時間を、様子を見て調整することはあります。でも、その作業は数名の、経験数カ月程度の派遣社員が行っています。炊き場で作業する社員は一人もいません」

優良誤認表示?

 これが手造りなら、たとえば世界中の自動車も、1台残らず手造りということになってしまうが。横浜創英大名誉教授の則岡孝子さん(栄養学)が言う。

「手造りというと消費者は、職人さんが手間暇かけて造るイメージを持ちます。決められたレシピの材料を機械に入れて造るのは、火加減を人が見ていても手造りとは別物だと思います。消費者心理に付け込んでいると言われても、仕方ないんじゃないでしょうか」

 それでも花畑牧場の顧問、奥山倫行弁護士は、

「法令に違反しているとは認識していません。1から100まで手造りでないと、そう表記してはいけないとは思いません」

 と強弁するが、

「景品表示法の優良誤認表示に当たるかな、という印象をもちます」

 と、食の安全・安心財団の唐木英明理事長。

「最近ではマクドナルドのローストビーフバーガーのケース。CM映像では大きな肉塊を切っていましたが、実態は、小さな肉の塊を加熱結着させており、消費者が誤認する恐れがあると認定されました。最後は消費者庁の担当者のさじ加減一つです。でも花畑牧場はHPで“おいしさの秘密は、素材・火加減・手造り”としているのに、人が関わるのは火加減だけとなると、肝心の手造りはどこにある、という疑問が残る。私が消費者庁の担当者なら、手造りイメージをあざとく使った商品として、クロ判定を下すと思います」

 花畑牧場のHPには〈皆様を元気で幸せにするお手伝いをしたい〉と書かれている。たしかに、すべてが手造りだと誤解したままのほうが、数百円を投じた消費者は幸せでいられたかもしれない。

「週刊新潮」2018年8月30日号 掲載