昭和天皇が漏らしていた戦争責任への思い 1987年4月の日記

ざっくり言うと

  • 昭和天皇が、戦争責任の苦悩について漏らしていたと分かった
  • 天皇の侍従が書いた、1987年4月の日記で発覚
  • 「細く長く生きても仕方がない」「戦争責任のことをいわれる」と言ったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング