夫の死から1年が経つ

写真拡大

《生きてるぜ 三途の川より天の川》。七夕を間近に控えた7月上旬の週末、東京・青山斎場で開かれた砂川啓介さん(享年80)の一周忌法要。弔辞を読んだ毒蝮三太夫(82才)は、昨年7月11日に尿管がんで他界した盟友にこんな句を送った。

 その日、参列したのは毒蝮のほか、十朱幸代(75才)など故人と親しかった150人ほど。白い菊の花で飾られた壇上には優しく笑う故人の遺影が置かれ、最後のお別れに花を添えた。しかし、賑わう会場に砂川さんの最愛の妻である大山のぶ代(84才)の姿はなかった。

 昨年、砂川さんが亡くなった際には葬儀・告別式は近親者のみで行われた。

「生前の砂川さんは“自分がペコ(大山の愛称)より先に逝ったら、葬儀はしないでほしい。ペコの病状を多くの人が気にするから”と話していました。それでも今回、砂川さんと親しい人々から、“きちんとしたお別れをしたい”という声が多く寄せられ、親族の意向もあって一周忌の法要を開くことになりました」(砂川さんの知人)

 弔辞では砂川さんの60年来の友人である毒蝮が、妻の看病に明け暮れた砂川さんを労った。最後に大山の「今日はありがとうございました」とのテープメッセージが流れ、夫婦の変わらぬ絆の強さを感じさせたものの、実は舞台裏には「すき間風」が吹いていたという。

「喪主は大山さんでしたが、彼女は認知症の症状が進んで介護施設に入っており、役割を果たせる状態ではありません。そこで30年来の女性マネジャーのAさんが親族の意向を聞き取り、準備や手配に駆けずり回りました。しかし、親族とAさんには“お金の不信感”があるそうで、不穏な雰囲気がひしひしと伝わってきました」(前出・知人)

 大山と砂川さんは、東京五輪が開かれた1964年に結婚。大山は亭主関白の砂川さんを誰よりも理解し、ドラえもんの声で大人気を得てからも常に一歩下がって夫をサポートした。

 おしどり夫婦に大きな転機が訪れたのは2012年だった。認知症を患った大山は5分前のことも忘れるようになり、排泄処理も自力でできなくなった。トイレの使い方がわからなくなり、ところかまわず粗相する妻の排泄物を夫は黙々と処理した。

「認知症発症後、砂川さんは仕事を辞めて1人で介護を抱え込みました。大山さんのイメージが壊れることを避けるため、周囲に認知症を隠したので心労は募るばかり。精神的にも肉体的にも追い詰められた日々を過ごしていました」(スポーツ紙記者)

 親友の身を心配した毒蝮の助言もあり、砂川さんは2015年5月にラジオの生放送で妻の病状をカミングアウト。少し肩の荷が軽くなったはずだったが2016年4月、今度は砂川さんが尿管がんの宣告を受けた。

「砂川さんは放射線治療や抗がん剤治療を行いながら、十数回も入退院を繰り返してがんと闘いました。“このままでは共倒れになる”と危惧して大山さんを老人ホームに入れましたが、闘病中も気にするのは妻のことばかり。常に“ペコはひとりでやっていけるだろうか”と心配していました」(前出・スポーツ紙記者)

◆マネジャーへのお世話代

 その時期、砂川さんと二人三脚で大山の介護を受け持ったのがAさんだった。

「Aさんはもともと大山さんのマネジャーを30年以上担当していて、砂川さんからの信頼も厚かった。彼たっての希望でAさんは大山さんの介護を手伝うようになり、彼女の暮らす老人ホームにも足繁く通っています。砂川さんのがんが見つかってからは彼の入院にも付き添うことが多く、“ペコをくれぐれも頼む”と言われていたそうです」(芸能関係者)

 がんという大病を患った自分に、もしものことがあったら認知症が進む妻の余生はどうなるのか。思い悩んだ砂川さんは、「2つの手」を打った。

「砂川さんは口では“決してペコより先に死なない”と言っていましたが、本心では最悪の事態を想定していました。夫婦には子供がいなかったので、砂川さんがいなくなったら誰かが天涯孤独の大山さんの面倒を見て、財産を管理する必要がある。そこで砂川さんは、Aさんにお世話代として毎月一定額のお金を渡して、大山さんの面倒を見るようにお願いしたようです。

 また、夫婦の財産管理は、『成年後見制度』を利用することにしたそうです。砂川さんのきょうだいが成年後見人になったという話を聞いたことがあります」(前出・芸能関係者)

 成年後見制度とは、国が法的権限を持つ「成年後見人」などを指定する制度のこと。九段下総合法律事務所の伊倉秀知弁護士が説明する。

「認知症などで充分な判断能力を持たない人の財産を管理するための制度です。家庭裁判所が選任する成年後見人による財産管理には強い法的権限が与えられ、たとえば認知症のかたが家を売ってしまったとしても、後見人はその契約を取り消すことができます。親族でも勝手に被後見人の財産を処分することはできなくなります。以前は親族が成年後見人になることが多かったのですが、最近は弁護士や司法書士など専門職がなるケースが多い。その理由の1つは親族後見人が“いずれ自分が相続するお金だから”と使いこむケースが増えたから。その場合、財産の価値によって支払う費用が変わってきます」

 砂川さん亡きあと、大山には多くの資産が残された。

「介護費用がずいぶんかかったそうですが、大山さんは料理上手の倹約家でもあり、ある程度の預貯金があるはずです。都内の閑静な住宅地にある夫婦の自宅の敷地は40坪ほど。一坪あたり300万円ほどなので土地代だけでも1億2000万円以上の資産価値があると思われます。特別な遺書でもなければ、大山さんが砂川さんの遺産の4分の3を受け取るので、けっこうな額が資産として残っているはずです」(前出・芸能関係者)

 その財産を成年後見人が管理する一方、前述の通り、Aさんには「お世話代」が支払われているという。そうした金銭の動きがギクシャクのもとになっているという。

「認知症の発症以来、砂川さんは病気のことが知られるのを避けるため、親族にもほとんど大山さんを会わせていませんでした。そこから徐々に砂川さんと親族は距離を置き始めたそうです。砂川さんと疎遠になった親族としては、毎月決められた額がAさんに支払われることに、“その約束は本当なの?”という不信感があるそうです。一方、大山さんのすべての面倒を見るAさんは“成年後見人が大山さんファーストでちゃんと考えてくれるのか”という不安があるみたいです」(前出・芸能関係者)

 そうした問題の決定権は成年後見人にある。

「大山さんとマネジャーの契約ですから、親族は解除できません。しかし、成年後見人ならば、その契約を解除することができます。また、大山さんに関しても本人や親族の意思に関係なく、成年後見人が介護施設の費用が高いと判断すれば、契約を解除し、別の施設に入所させることができます」(伊倉弁護士)

 砂川さんは大山を思って成年後見人をたてたが、その制度によって周囲の空気は不穏なものになりそうだ。この顛末は決して他人事ではない。

※女性セブン2018年8月2日号