部活動の監督が部員にセクハラ「自分と相撲とれ」生徒2人が不登校に

ざっくり言うと

  • 愛媛県の私立高校の女子ソフトボール部監督に部員へのセクハラ行為があった
  • 監督は「指導を受けたければ自分と相撲をとれ」などと発言をしたとされる
  • セクハラ発言などを受けた部員の内、2人が現在も登校できていないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング