※写真はイメージ

写真拡大

ワシントンD.Cにある、スパイ活動分野を専門的に扱う私営の『国際スパイ博物館』。

世界最大規模のスパイ関係の所蔵品が展示されている博物館ですが、中にはこんなアトラクションもあるようです。

自己責任で

大きなサメが悠々と泳ぐ水槽を見つめる男性。水槽の上には、『自己責任で(画面に)触ってください』との注意書きがあります。

何が起こるのか知らない男性が触っていると…。

実はこれ、水槽に見立てた映像が映し出されているアトラクションで、サメもグラフィックで作られたものなのです。

作りものとはいえ、突然こんなドッキリが発動したら驚いてしまいます!

男性のリアクションを見て、笑いにあふれたコメントが寄せられました。

・自分も同じように吹っ飛ぶ自信があります!

・ナイスなイタズラですね!日本にもほしい。

・動画を見るだけでもびっくりしたので、直接体験したら心臓止まります。

何が起きるのか知らない人に、体験させてみたくなるアトラクションですね!

[文・構成/grape編集部]