あぁ、あの時誰かが忠告してくれていれば……。僕の人生は悔やまれることが多い。

と、Chacho Pueblaさんは思っているらしい。これまでに、カンヌライオンズを含む国際祭典で、300以上の賞を受賞してきた世界的に認められるクリエイターだというのに。

いまを生きる若者が
覚えておくべき7つの教訓

21世紀を生きる若者たちが、自分と同じように悔やまないよう、Chachoさんは自分のおばあちゃんをモデルに写真プロジェクトを始めることに。

「僕のおばあちゃんは決して言わなかったけど、若者たちに言っておくべきこと」

01.

恋人には、絶対にパスワードを教えるべからず。

02.

ウィキペディアで見たすべてのことを、信じるべからず。

03.

インスタを使ったくらいで、フォトグラファー気分になるべからず。

04.

『World of Warcraft』には絶対に手を出すべからず。あれは、本当に中毒性が高いから。

05.

ソーシャルメディアばかり見ている奴のことを信じるべからず。

06.

ダサいロゴのアプリには手を出すべからず。

07.

Googleにばかり時間を費やすべからず。

にこりとも微笑まない、険しい表情のおばあちゃんがなんとも……。このほかにも、YouTubeよりViemoが良いなどのアドバイスまで。

Chachoさんは、相当インターネットに時間を奪われてしまったと思っているのだろう(笑)。かくいう私も「うわぁ、気をつけなきゃ」と釘を打たれた気分。

それにしても、最後の一行がたまらなくカワイイ。

でも、愛してるよおばあちゃん。

Licensed material used with permission by Chacho Puebla