コロンビア南東部グアビアレ県にあるラパス村で、コカインペーストの重さを量る食料品店の店主(2017年9月25日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】店に来た客たちは、はかりの上に白い塊を置き、それと引き換えに食用油や卵といった食料を持って帰る──。世界一のコカイン生産国であるコロンビアのジャングルの奥地では、コカインペーストが現金の代わりになる。

「何でもこうやって売り買いしている。現金は珍しいし、いざというときのためにとっておく」と話すのは、店主のロレナさん(26)。生まれてこの方、手にしたことがあるのは現金よりも白い粉の方が多いという。

 ビールを買うのでも、売春婦を呼ぶのでも、地元の人々はこの方法で支払いを済ませる。コカインやその原料となるコカペーストが物を言うのだ。

 ロレナさんが7年住んでいるラパス(La Paz)村は、コロンビアで最も発展が遅れている南東部のグアビアレ(Guaviare)県にある。イニリダ(Inirida)川の川岸のジャングルに囲まれた小さな集落で、住民は300人ほどしかいない。赤土の道は雨が降ればぬかるみ、電気も水も通っておらず、医者も警察官もいない。

 村長のオルランド・カスティーリャさん(64)は、AFPの取材に「ここにあるのはまったく別のコロンビアだ。医療も何もない。7歳になっても一度も現金を見たことがない子どもがいる」と語った。

 ラパスの300人の住民にとって、外の世界とつながる手段はイニリダ川と1本の未舗装の道、それから2本の電話線だけだ。電話がかかってくると、村にある大きな拡声器で名前が呼ばれる。

 全住民の暮らしを支えているのは、コカの葉の栽培とその加工だ。コロンビアの草だらけの飛行場からメキシコ、そして米国へと運ばれていく完成品のコカインとは違い、コカインペーストは巨額のもうけからは程遠い。

 米国では、コカイン1グラムの相場は約150ドル(約1万7000円)。しかし、この村の生産者たちがコカインペースト1グラムで手にするのは、2000ペソ(約80円)にも満たない。

■バナナやトウモロコシの栽培もしたが…

 地元政府は、コカ栽培をやめて合法的な作物に植え替える農民たちに助成金を出している。だが、それを拒否する農民たちはしばしば取り締まりの対象となり、時に警察と衝突する。今年7月にもイニリダ川の川岸で警察と農民との衝突が起き、警察官1人が3日間拘束された。

 早朝、ジャングルの中にあるミゲルさん(56)の農場の掘っ立て小屋では、摘み取られたばかりのコカの葉が集められ着々と加工の準備が進められていた。機械で細かくしたコカの葉に水とライムをまぜた液体を加え、その後、セメント、ガソリン、肥料、酸などを使用する長い加工作業が始まる。ここで作られるコカインペーストのコカイン濃度は35%程度だという。

 ミゲルさんは、「バナナやトウモロコシ、キャッサバの栽培もしたことがあるが、それではもうからない」と語る。バナナを市場まで持って行くには運搬コストがかかり、結局は損になるからやめたのだというのだ。そして「コカ1キロならば、ポケットに入れて行けるからね」と付け加えた。
【翻訳編集】AFPBB News