24日、韓国の李洛淵首相が、平昌冬季五輪での元フィギュアスケート選手の浅田真央さんとキム・ヨナさんの共演を日本オリンピック委員会に提案したことが分かった。写真は現役時代の浅田真央さんとキム・ヨナさん。

写真拡大

2017年10月24日、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が、平昌(ピョンチャン)冬季五輪での元フィギュアスケート選手の浅田真央さんとキム・ヨナさんの共演を日本オリンピック委員会(JOC)に提案したことが分かった。韓国・アジア経済などが伝えた。

李首相は同日ギリシャ・オリンピアでJOCの竹田恆和会長と面談し、2人の共演「ガラショー」開催を提案した。これに対し、竹田委員長は具体的な回答は避けて笑顔を返したという。

李首相は合わせて、来月チェコ・プラハで開催予定の国内オリンピック委員会連合(ANOC)総会で議論される「平昌冬季五輪の成功開催問題」におけるJOCの協力や安倍晋三首相夫妻の平昌五輪訪問についても要請したとされる。これに対し竹田委員長は「平昌冬季五輪の成功を確信している」と述べ、「できる限りの支援を行う。 2002年のサッカーのワールドカップ(W杯)の協力精神を生かし、平昌五輪の成功を期待して協力していきたい」と答えたという。

元ライバルの共演可能性は日本のネット上でも話題を集めているが、引退後も「ヨナ人気」の高い韓国でも大きなもちろん関心事。記事には女性ネットユーザーから特に多くのコメントが集まっているが、「キム・ヨナには聞いてみたの?」「何かの学芸会と勘違いしてるんじゃない?常識なさ過ぎ」「これは違うと思う。“韓日五輪”でもないし、全世界の五輪のホストが韓国なのに、そこになぜ日本?」「キム・ヨナを政治利用するのはやめて」など共演には反対派が圧倒的多数のようだ。

また、キム・ヨナさんのファンと思われるユーザーからも「なぜ浅田真央を呼ぶの?ヨナと同レベルで扱うのはやめて」「日本との友好的交流を思って言った言葉だろうけど…。ヨナと日本の歴史を見てきたファンたちが怒るのも無理はない」との意見が寄せられた。

さらに平昌五輪に関しては、「共演が五輪の宣伝につながればいいけど…」「政府があちこち走り回っているところをみると、相当チケットが売れていないようだ」「文在寅(ムン・ジェイン)政府がこんなに苦労してるんだから、どうか成功してほしい」など不安げな声もあった。(翻訳・編集/松村)