「最低の試合」とショックを隠せなかったハリルホジッチ監督。写真:山賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム
 
 改めて、プレーオフに回らなくて良かった、と記者席で胸を撫でおろした。
 
 ハイチは今回、北中米&カリブ海地区のワールドカップ3次予選で敗れたチーム。仮に日本が大陸間プレーオフ(アジア地区の最終予選3位×北中米&カリブ海地区の同4位)に出場していればハイチ以上の“強豪国”と対峙していたわけだから、やはりプレーオフに回らなくて良かった。
 
 もちろん、ハイチ戦の日本はベストメンバーではない。しかしだからといって、楽観視できるドローではなかった。親善試合とはいえ、2-0から追いつかれただけでなく、一時は2-3とひっくり返されたのだ。最終的に3-3で引き分けたが、勝ちゲームを勝ち切れなかった日本の勝負弱さはいかんともし難い。
 
 正直、ハイチ戦は2-0から追いつかれた時点でアウト。しかも、再び勝ち越そうと大迫勇也、香川真司と攻撃のカードを切りながらも、逆に3点目を奪われてしまった。負けなかったとはいえ、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督には失望のひと言だ。
 
 勝負弱さとひと言で片づけていいかはさて置き、ニュージーランド戦を含めて今回の連戦では試合運びが下手だった。具体的には、立ち上がりから主導権を握るも、相手が日本のテンポに慣れてくると膠着状態になるというような傾向が見て取れたのだ。実際、長友佑都はハイチ戦後にこう感想を述べている。
 
「ニュージーランド戦後に監督も言っていましたけどね。立ち上がりはいいんだけど、点が入ったりとか、自分たちが良い流れの時に精神的に浮いてしまう癖というか、そういうものがチームとしてあるんじゃないかと思う。今日もそうだし、2点取った後に3点目を取りに行けばね、相手にとっては厳しい試合になっただろうし、たかが1点ですけど、その1点が大きいですよね。精神的に気を抜いてしまう、これくらいでいいんじゃないかなという部分があったのかもしれない」
 
 倉田秋のヘッド、杉本健勇の左足ボレーで2点を先行して最高のスタートを切りながら突如として失速。長友の言うように「精神的に浮いてしまっていた」のなら、ハイチ戦の引き分けは油断が招いた失態。決して格下ではない相手に舐めてかかれば、痛い目に遭うのは当然。その意味で、ハイチ戦の日本は気持ちが入っていなかった。
 
 元々強くない日本がそんなスタンスでは勝てるはずもない。ほとんど組織的ではなかったハイチに苦戦した事実を、監督、選手は重く受け止めるべきだろう。
 ハイチ戦でなにより気になったのは、ゴールの奪われ方。いずれも組織というより個人技でやられた印象で、そこから見て取れたのが日本の限界だ。アンカーを置く現行の4-3-3ではどうしても、そのアンカーの両脇のスペースを狙われ、守備の局面で後手に回っていた。
 
 アジアレベルではそうした弱点もあまり見えなかったが、「対世界」となった場合、果たして4-1-2-3システムは最適解なのか。改めて検証する余地があるだろう。
 
 おそらく長谷部誠が戻ってきても、その両脇のスペースは狙われる。おそらくワールドカップの本大会では主導権を握れない日本が、それでも勝点3を目指すなら2ボランチで戦うべきなのではないのか。少なくとも、長谷部がいればどうにかなる、というスタンスは危険だろう。
 
 ハイチ戦の3失点はすべて最終ラインやGKのせいではなく、中盤との連係のなさから招いたように映った。要するに、吉田麻也が不在かどうかはさして大きな問題ではなかったように思える。前半途中から組織的に戦えなかった日本が個の勝負でハイチに負けた、そういうことなのではないだろうか。