5日、今年のノーベル文学賞受賞者に英作家カズオ・イシグロ氏が選ばれたニュースは、韓国の詩人・高銀氏の受賞に期待が高まっていた韓国でも速報で続々と報じられ大きな話題となっている。資料写真。

写真拡大

2017年10月5日、今年のノーベル文学賞受賞者に英作家カズオ・イシグロ氏が選ばれたニュースは、韓国の詩人・高銀(コ・ウン)氏の受賞に期待が高まっていた韓国でも速報で続々と報じられ大きな話題となっている。

日本では特にイシグロ氏が長崎県生まれの日系英国人という点が注目されているが、それは韓国でも同様のようだ。少なからぬメディアがイシグロ氏について「日本系の英国作家」「日本出身の英国人」といった修飾を付け見出しで紹介している。

韓国のネットユーザーたちもまず「名前が日本人の名前だけど?」「名前からして日本人みたいだな」との反応を寄せ、まるでイシグロ氏が英国人である事実を忘れたかのように「日本人はいろいろ成功してるね」「日本がうらやましい」「日本は科学でも文学でも発展してるのに、韓国は…」「文学の面では日本は韓国よりはるかに優位」「はっきり言って、韓国は日本に追い付くのは難しい。今後300年以内にはね。文学も同じ」「日本人が韓国人を無視する理由はある。皆が公務員になるのが夢だなんていう国だもの」と、日本と韓国を比較し自省するようなコメントも多く上がっている。

また「日本はまたこれでお祭り騒ぎになりそうだな」とのコメントに応じるように、ヘラルド経済は「イシグロ氏の受賞に日本列島が沸いている」と伝えている。同紙は、イシグロ氏が受賞後の会見で日本について語った内容を日本の主要紙が詳細に伝えたとしながらも、いざ自身のアイデンティティーについて問われた氏が「英国の作家、日本の作家であるということがどういう意味を持つのか分からない」と述べ「明確な答えはない」としたと伝えた。

さらには、日本人の受賞有力候補として例年名前の挙がる村上春樹氏に言及した韓国メディアもある。聯合ニュースや韓国日報は「春樹は(賞を)取れなかったが、日系作家の受賞に日本が沸いている」と見出しを打ち、安倍晋三首相のコメントなども合わせて報道、これには韓国のネットユーザーから「韓国も日本も『自国系』がやたら好きだね」「重要なのは国籍であって『何系』なんて騒ぐのは日中韓くらいだろ」と皮肉めいたコメントも。また「イシグロさん本人は日本についてよく知らないし、日本でも今まで彼のことはあまり知られていなかった」と冷静に指摘するユーザーもいた。(編集/吉金)