31日、韓国・聯合ニュースは、日本が自国上空を通過した北朝鮮のミサイルを迎撃できなかった理由について報じた。資料写真。

写真拡大

2017年8月31日、韓国・聯合ニュースは、日本が自国上空を通過した北朝鮮のミサイルを迎撃できなかった理由について報じた。

北朝鮮が29日早朝に発射した中距離弾道ミサイル「火星12型」は、北海道上空で最高高度550キロに達し、2700キロ飛行した後、北海道の東1180キロの太平洋公海上で三つに分離し落下したとされる。

これへの対応に関する日本政府の公式見解は、ミサイルが日本を狙ったものではなく、日本の領土に飛来する恐れがないと判断したため迎撃を行わなかったというものだ。小野寺五典防衛相も30日、「レーダーで発射を確認していたが、わが国に飛来する恐れがないと判断した」と述べている。

しかし専門家からは「日本に迎撃する能力がなく、迎撃することができない状況にあった」との指摘が出ているという。

海上自衛隊のイージス艦が搭載する迎撃ミサイル(SM3)では射程距離が短過ぎ、また陸上配備のパトリオットミサイル(PAC3)は、敵のミサイルが落下し高度が10〜20キロまで接近した最終段階で撃墜するシステムのため、やはり対応することができなかったとの指摘だ。

米国の航空宇宙・防衛の専門家ランス・ガトリング氏は、ドイツメディアのインタビューで「北朝鮮のミサイルが日本上空を通過する時、非常に高度が高くスピードも速かった。迎撃のための準備時間などを考えると、たとえ迎撃命令が下されたとしても成功する可能性は非常に低かった」とし、「もし迎撃に成功しても、破片が周囲に散らばり、例えば他国のロケットや宇宙ステーションへの物資の再補給などに被害を与える可能性があった」と指摘した。

また、国際基督教大のスティーブン・ナギ教授(国際関係論)も、ミサイルの速度と高度、日本の上空を通過した時間が2分未満と短いことを考慮すると、現実的に撃墜は非常に困難だったとみている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「他国の心配をしている場合か」「韓国も迎撃できなかった」「高高度防衛ミサイル(THAAD)も無用の長物だ」「日本でも時間がなくて迎撃できないのであれば、韓国はどうなる?」など、日本のことよりまず自国の現状を憂慮すべきとする意見が寄せられた。

また「北朝鮮と日本が戦争をしたら北朝鮮が勝つということか」との声もあった。(翻訳・編集/三田)