没後20年のダイアナ妃の言葉に英国は大揺れ

写真拡大

「彼女の本心が聞けてよかった。ダイアナ元妃も世界に真実を知ってほしいと思っていたはず」、「この動画を放送したのは間違いだ。ダイアナ元妃の気持ちを考えているのか」──。この8月31日に没後20年を迎えるダイアナ元妃(享年36)のインタビュー映像をめぐって、今、イギリス世論が真っ二つに割れている。

 8月6日、イギリスのテレビ局『チャンネル4』が、『Diana:In Her Own Words(ダイアナ:彼女の言葉)』と題した1時間45分のドキュメンタリー番組を放送した。その中で、イギリス国内で初めて公開されたダイアナ元妃のインタビュー映像が熱い議論を呼んでいるのだ。イギリス王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんはこう明かす。

「幸せをつかめるはずと飛び込んだ王室に、誰一人として味方になってくれる人がいなかった…。彼女の孤独、寂しさ、不安がひしひしと伝わってくる内容でした」

 映像はダイアナ元妃がチャールズ皇太子(68才)と別居中だった1992〜1993年頃に撮影されたもので、撮影者はスピーチトレーナーを務めていたピーター・セトレン氏。

 テープはダイアナ元妃本人が所有していたが、1997年の彼女の死後行方不明に。ところが2001年、警察が元執事のポール・バレル氏の自宅を家宅捜索した際に偶然発見し、押収したことで存在が公になった。

 その後、ダイアナ元妃の遺族とピーター氏の間で所有権をめぐって裁判が争われ、ピーター氏が勝訴。昨年、ピーター氏が『チャンネル4』にテープを売却し、今回の放送に至ったという。テープは全部で12本あるといわれており、うち5本は所在がわからなくなっている。売却価格は未公表だが、「数分が1億円で売られた」とも伝えられている。

 ビデオの中のダイアナ元妃は終始リラックスした様子だ。ジャケットやストライプのシャツ姿など服装はさまざまで、ゆったりとソファに座り、時折笑い声を上げながら、明るくユーモアをまじえて話していた。しかし、その表情とは裏腹に、彼女が赤裸々に語った自らの生い立ちやチャールズ皇太子との結婚生活は非常にショッキングなものだった。

◆「婚約破棄」を真剣に考えた

「結婚までに(チャールズとは)13回しか会わなかった」(ダイアナ元妃のインタビュー映像より。以下同)

 1961年7月1日、貴族の家系であるスペンサー家に生まれたダイアナ元妃は、16才の頃チャールズ皇太子と初対面を果たした。2年後の1979年にパーティーの場で再会すると、次第に親しい関係になっていった。1981年2月24日に婚約を発表。だが、結婚するには邂逅の機会が少なすぎた。

 会見で記者から投げかけられた「愛していますか?」という問いに対するチャールズ皇太子の発言に、ダイアナ元妃は強い衝撃を受けたという。

「最も異常だったのは、婚約を発表した日のあのひどいインタビューでした。(中略)私は“もちろんです”と答えました。するとチャールズは“『愛する』の意味はよくわからないけど”と言いました。これには当惑したわ。完全にトラウマになりました」

 6才の時に両親が離婚し、母親のいない孤独な生活を送ったダイアナ元妃は、チャールズ皇太子と温かい家庭を築くことを夢見ていた。

「離婚した自分の両親のようにはなりたくない。結婚生活をうまく送るためには、愛する夫とどんなものでも分かち合おう」

 そう決意を口にしていたというダイアナ元妃。だが婚約当時から、チャールズ皇太子は現在の妻であるカミラ・パーカーボウルズ夫人(70才)との秘めた交際を続けていた。

 1981年7月29日、世にも美しいプリンセスをイギリス王室が迎え入れる世紀の結婚式は、全世界に衛星中継された。宮殿のバルコニーで2人が交わした熱い『ロイヤル・キス』に、宮殿前の広場に集まった20万人の英国民だけでなく、世界の約7億5000万人がため息をついた。

 だが、結婚式の2日前まで、ダイアナ元妃は真剣に婚約破棄を考えていたという。理想的な夫婦のように映る半面、チャールズ皇太子とカミラ夫人との関係は続いた。

「チャールズはトイレにこもってカミラとラブコールを頻繁にしていた」

 不倫を知ったダイアナ元妃は、チャールズ皇太子本人にカミラ夫人との関係を問いただしたこともあったという。

「どうしてあの女性がいつも付きまとっているのと聞くと彼は“私は愛人のいない唯一の皇太子にはなりたくない”と答えたの」

 夫婦の関係は冷えきり、ダイアナ元妃は孤独感にさいなまれていた。

「女王がおっしゃることは“あなたがどうするべきかわからない。チャールズはどうしようもない”とそれだけだった。だから二度と彼女に助けを求めなかったわ」

 義母であるエリザベス女王からは、そうさじを投げられた。一方、義父・フィリップ殿下のさらにひどい言葉を耳にすることになる。

「フィリップ殿下はチャールズに“もしダイアナとの結婚がうまくいかなかったら、5年後にカミラのもとに戻ればいい”と話したのよ」

※女性セブン2017年9月7日号