中川家、命の危険に直面するような“大しくじり”をやらかしていた…

写真拡大

中川家の2人が、7月30日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系列、毎週日曜21:58〜)に出演。命に関わる大事故を起こしていたことを明かす。

今回、“中川家を燃やしちゃった先生”として登場する中川家。小さないたずらが原因で子ども時代に命の危険に直面するような大しくじりをやらかしたらしく、全国の親子に向けて、子どもが命に関わる大事故を起こさないための特別授業を行う。

中川家は、剛46歳、礼二45歳による兄弟漫才コンビ。実は子ども時代、剛7歳、礼二6歳のとき、2人の火遊びが原因で家族で暮らしていたアパートのひと部屋を燃やしてしまうという事件を起こしてしまったのだ。さらに、剛が路線バスと正面衝突するなど、兄弟は幾度も命の危険に直面するようなしくじりをやらかしてきたことを明かす。

授業では、中川家の自宅を燃やしてしまった“中川家炎上事件”の真相を激白。子どもはなぜ大惨事を引き起こしてしまうのか、親はどのような対策を取っていくべきなのかを講義する。