モデルとしても活動中の清楚系コスプレイヤー・肉球あやとさん

写真拡大

今や日本を代表するサブカルチャーとして、世界的から熱い注目を集めるコスプレーー。

30万人以上とも言われるほど国内のコスプレイヤーたちがひしめく中、絶大な支持を集める3人が『週刊プレイボーイ』28号のグラビアに登場。白水着からセーラー服までキュートな衣装に着替え、披露してもらったところ、たちまち大反響となった。

「こんな可愛いコがいたのか!」「このコは一体どんなコ?」などの声が読者から多数。そこで、こちらの3人をあらためて直撃、今をときめくトップレイヤーたちの素顔に迫った!

第1回の五木あきらさんに続いて、2人目は肉球あやとさん。『ラブライブ!』の小泉花陽ほか制服美少女を爽やかに魅せる、モデルとしても活動中の清楚系コスプレイヤーだ。

なんと、21日にコスプレ活動を終了することを電撃発表し話題となっているが、その彼女が何を語っていたか…。※この取材は発表以前の6月に収録

―肉球さんは御伽(おとぎ)ねこむさんのファンでコスプレを始めたとか。

肉球 はい。中学の頃からアニメが好きで、宅コスというか、衣装を買って家でコスプレをしてたんです。で、2013年に大阪のコスプレイベントのストフェス(ストリートフェスタ)で御伽さんを見て、憧れちゃって。自分も出たくなりました。

―最初にやったのは?

肉球 『ラブプラス』の雪乃玲ってキャラクターです。2014年の冬コミの時ですね。

―初めての時は、いきなりカメラに囲まれてびっくりしたのでは?

肉球 すごくしましたね。一対一で撮るものだとばかり思ってたんで。でも撮られることは好きなんで、ポーズを考えたりしてるうちに楽しいと思うようになりました。

―2年前には『ラブライブ!』の小泉花陽のキャラクターが話題になりましたね。あの時はツイッターのフォロワーが一気に2万を超えたとか。

肉球 そうなんです。撮影してくれたカメラマンさんが載せた写真が拡散して。でも、その時はもうとにかく怖くて仕方なかったです。わわわ、どうしようって(笑)。とにかくずっとドキドキしてました。

―制服のコスプレが多く、清楚なイメージもありますよね。露出のあるものはほぼないですし。

肉球 露出はしたいと思わなかったですね。伊織もえちゃんみたいに、私よりスタイルのいい方がコスプレをするほうがいいと思うんで(笑)。制服は元々、学園もののアニメが好きだから、やりたいキャラクターを考えると自然とそうなっちゃうんです。

―制服だと特別な衣装ではないから、割と気軽にやれますよね。

肉球 キャラにもよりますが、制服だと比較的自然なメイクができますしね。ポーズも自然とできたりします。

―コスプレをやる魅力はどこにありますか?

肉球 やっぱり自分じゃないキャラクターになれることと友達ができることです。私は大阪出身なんですけど、名古屋・大阪で新しい友達が何人もできました。あと、撮影でいろんな場所に行くのも楽しいですね。

―コスプレを始めて、自分自身変わりました?

肉球 完全に変わりました。昔はすごい引きこもりだったんです。内気で誰とも話せないし。電話でさえできなかったです。でもコスプレを始めてから、自然と人前に出ることも怖くなくなったし、お話もできるようになりました。自分でもちょっとびっくりですね。

―あとプライベートも少し教えてください。普段の趣味は?

肉球 友達と買い物をしたり、家でゴロゴロしたりとかかな。

―買い物は洋服とかですか?

肉球 そうです。コスプレじゃないオシャレも好きなんで。でもまぁ普通ですよね。

―ちなみに好きな男性のタイプは?

肉球 優しくて面白い人。あと、一緒にいて楽な人がいいですよね。

―最後に将来の夢は?

肉球 お嫁さんになりたいです。

―お嫁さんですか。可愛いというかやっぱり清楚というか(笑)。

肉球 うふふふ。私、マイペースなんです。だからコスプレもそうですけど、何事も気負わずにやっていきたいですね。

* * *

8月11日から開催されるオタクの祭典「夏コミケ」(〜13日・東京ビッグサイト)が引退前ラストの登場とか。残念ながら、そのコスプレの見納めに是非、足を運んでみては!

第3回 伊織もえ「2次元のカッコよくてエロいお姉さんに憧れがあった」

(取材・文/大野智己、撮影/栗山秀作)



■肉球あやと(Nikukyu Ayato)

10月29日生まれ 大阪府出身 身長161僉 14年12月からコスプレイヤーとしての活動を開始。『ラブライブ!』の「小泉花陽」のコスプレが国内外で話題を呼ぶ。現在はモデルとしても活躍し、幅広い人気を誇る。Twitter【@nikukyu_s】