本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間18日、メキシコ1部のバチューカに加入した日本代表FW本田圭佑が他の選手と共に入団会見を行った。

 英メディア『ESPN FC』でコメンテーターを務めるジョン・ウィルキンソン氏は本田のメキシコリーグへの移籍について「イタリアでは激しいポジション争いもありなかなか試合に出ることが出来なかった。しかし幸運なことにメキシコへの移籍はその流れを止めるだろう。彼にとって早く試合に出ること、常に試合に出場することそして彼の得意なポジションでのプレーすることが必要だ」とコメントしている。

 また、同氏は「彼がボールを持つと何かやってくれるのではないかと思わせてくれる。彼は信頼の置けるプロフェッショナルなプレーヤーだ。現在は調子が落ちているが、本来のパフォーマンスを取り戻すことが出来ればアジアでもトッププレーヤーだ」と今回の本田のメキシコ移籍は来月に行われるロシアワールドカップ・アジア最終予選の対オーストラリア戦を前にして日本代表にとっても好影響を与えると考えているようだ。

text by 編集部