武井壮(写真:アフロ)

写真拡大

17日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、武井壮が夫婦間の悪口について持論を展開した。

番組では、イギリスの公共放送BBCが日本の若者のセックスレスを特集したという話題を取り上げた。BBCによると、アニメやポルノがセックスレスを引き起こしていると分析している。

コメントを求められた武井は、自身のアメリカ生活を引き合いにして、日本の夫婦はお互いの「悪口を言いすぎ」だと思うと指摘した。その上褒め合う習慣もないために、次第に互いの悪い部分が刷り込まれていってしまうと問題点を突いた。

武井は、友人間の会話でパートナーの悪口を吐くことで「(パートナーを)好きじゃないような感覚」に陥ってしまうことがセックスレスを誘発すると推察していた。武井はアメリカ人夫婦について「(お互いを)すごくよく褒める」と証言し、日米間の夫婦間の違いを力説していた。

【関連記事】
武井壮 松居一代・船越英一郎騒動を取り上げるテレビ局に「美しくない」
武井壮が「国会閉会中審査」での「記憶がありません」発言に厳しい指摘
鳥居みゆき 10年間セックスレス「子どもを愛せるか分からない」