タイのバンコクにある警察署にナイフを持った男性が侵入!

その一部始終が撮影された映像が公開され、注目を集めています。

ナイフを持った男性に警官は?

ナイフを持ち、警察署に入って来た男性。非常に興奮した様子です。

たまたま居合わせたのは男性警察官。「興奮した男性がナイフを持っている」という状況は決して楽観できるものではありません。

しかし!!!

男性警察官がとった行動は意外なものでした!

ぜひ動画でご覧ください。

なんて優しさにあふれた行動でしょうか…!!!

実はナイフを持った男性はストリートミュージシャンで、ギターを盗まれてヤケを起こしていたといいます。

警備員として働いていたものの給与を受け取れず、自暴自棄になった男性はナイフを持って警察署に押し入り、自分の首を切ろうとしていたのです。

そんな男性を優しく包み込んだ警察官に、多くの称賛のコメントが寄せられます。

「ギターはオレのをあげるよ。一緒に飯でも食おう」といっているね。こんな対応は簡単にできるものではない。なんて素晴らしい対応なんだ…まさに警察官の鑑のような人材だ。こういう映像を見ると、世の中捨てたもんじゃないと思えるよ。まさに神対応だね。

どんな理由があろうとも、ナイフを持って警察署に乱入するのは許される行為ではありません。

しかし、相手が犯罪者であっても力でねじ伏せるのではなく、心と心を通わせて問題を解決した警察官。本当に素晴らしい振る舞いですね!

[文・構成/grape編集部]