藤本美貴

写真拡大

15日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、お笑いコンビ・品川庄司庄司智春が、元モーニング娘。で妻の藤本美貴と交際が発覚した際、謝罪をするために藤本の所属事務所に訪れていたことを明かした。

番組では「ミキティと熱愛発覚!ハロプロに訪れた庄司に…」と題し、庄司が藤本との交際が発覚した当時を振り返った。

庄司は、写真週刊誌に藤本との交際を報じられた際、藤本が当時所属していた事務所・アップフロントエージェンシー(現アップフロントプロモーション)に、初めて訪れたことを明かす。庄司は「挨拶をしに行かなきゃいけない」「というか謝罪というか…」と、言葉に詰まりながら当時の様子を説明した。一方で、そのときお茶出しをしていたのが、スタジオに出演していた女優の真野恵里菜だったことも明かす。

庄司が「真野ちゃんがコーヒーを出してくれた」と話すと、ほかの出演者から「えー!」「マジで?」と驚きの声があがり、スタジオは騒然とした。

庄司は「オレはもう殴られに行ってるから」「そういう覚悟で行ってたから」と当時の心境を吐露しつつ、真野がお茶出しをしていたことに拍子抜けしたようだ。なお、真野本人は「デビュー前だったので、社会勉強でお茶出しとか、電話番とかをやらせていただいてたんです」と説明していた。

【関連記事】
橋本マナミが結婚相手の理想に本音「自分に近い収入か超えてて欲しい」
陣内智則 前妻・藤原紀香の結婚祝福コメントに態度が一変
藤本美貴 男女の精神年齢に指摘「女性のほうが精神年齢が高い」