小倉智昭

写真拡大

14日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、小倉智昭が、義家弘介文部科学副大臣の答弁を批判した。

加計学園における獣医学部新設の問題を、番組では取り上げた。この中で、内閣府が「総理のご意向」として、文部科学省に同学部の早期設置を促したとされる文書が話題となる。その有無の再調査について、参院農水委員会で追及される様子をVTRで伝えていた。この文書は、同省から流出されたとされている。

同委員会では、野党・自由党の森裕子参院議員が義家副大臣を激しく追及していた。この中で森議員が、今回の再調査を、内部告発者を特定させる「犯人探し」のためではないか指摘。さらに、告発した人物を「公益通報者」として、その人物の権利を守る意識があるのかを義家副大臣を問いただしたのだ。

これに義家副大臣は、一般論と前置きしつつも「非公知の行政運用上のプロセスを、上司の許可なく外部に流出されることは国家公務員法(違反)になる可能性があると認識している」と淡々と説明し、処分の可能性を示唆した。

VTRが明けると小倉は、官僚が用意したと思われる原稿を読み上げただけの義家副大臣の態度に、「違和感がありますよね」「義家さんがこういう答弁することに期待して投票した人はいないと思うよ」と不快感を示す。これには出演者から「確かに!」と同意する声が漏れた。

なお番組によると、通常では内部通報者に対して「公益通報者保護法」が適用され、通報者への解雇等の不利益な取り扱いを禁止しているという。

【関連記事】
小倉智昭が「出会い系バー」を利用する男性に持論「いっぱいいる」
小倉智昭 笠井信輔アナに辛辣なツッコミ「気を遣うタイプだとは思わなかった」
小倉智昭 痴漢嫌疑を恐れ逃走した男性に疑問「なんで素直に謝らなかった」