「オンナなら誰でもいい」ってワケじゃない!男性が“生理的にムリ”と感じるポイント

写真拡大

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

女性が男性にモテる以前に大切なこと、それは“恋愛対象内に入ること”。
当たり前のことのようですが、男性だって女性なら誰でもいいというワケでもなく“コイツは生理的に無理”と思うケースだってあるのです。
最初にそう思われてしまうと、後々どんなに頑張っても挽回は無理ということも。

今回は、男性が“生理的に無理”と思う女性の特徴 をリサーチしました。

●(1)匂いが受け付けない

『体臭がすごい女性は勘弁。腋臭とかは体質なので仕方ないかもしれないけれど、それなりの対策はして欲しい』(25歳/SE)

『合コンでかわいいな、と思った女の子。でもいざ話しをしようと近くに寄ってみるとニンニクの匂いがすごくて、どう考えてもランチにニンニクを食べている。別に汚いワケでもないんだけど、その無神経さが気になり連絡先交換には至らなかった』(32歳/商社)

「昨日も風呂入らなくてさー、これで3日目(笑)」との会話は女性同士では笑えるのでしょうが、男性にとってはドン引きの会話。
男性は汗臭さが男らしさを感じさせられることもあるでしょうが、女性の場合はそうではない方が圧倒的(一部は興奮するかもしれませんが)。
お風呂に入ってない・歯を磨いてないなど、とにかく“自分でやろうと思えばできるのに、やってない”という怠け者感も二重に生理的に受け付けないワケ を作ってしまいます。

また男性と会う前にニンニクを食べるのも出来れば避けた方がいいでしょう。
食べた方は気になりませんが、相手に不快感を与えてしまう可能性は否めません。
仲良くなった後なら一緒にニンニクデートは楽しいですけどね。

●(2)露出しすぎ

『胸の谷間やら脚やらもうほぼ全部見えているぐらいあまりにも出しすぎている女性は誰かれかまわず寝てそうなため汚いイメージでむしろ無理。むろん“少し”ぐらいは嬉しいけれど』(27歳/メーカー)

胸や脚を露出すれば、男性からの視線は集められるというのは事実。
ただそれが“付き合いたいという思考につながるか”というとそうではないようです。
あまりにも肌を露出していると“遊んでそう”“経験豊富” としか捉えられず、違う意味で“汚い”というイメージが定着してしまうのです。

●(3)酒乱

『合コンですごく清楚な感じだったのに、お酒を飲みすぎたらしく最後はゲロを吐きながら寝てしまうという始末。自分のお酒の加減ぐらい自分で知っていてもらわないと』(27歳/美容師)

「私お酒に弱いんで」とホロ酔いでかわいく酔える程度は男性側はウェルカム。

しかしどんなに可愛くても、飲んだらイチャモンつけてきたり、飲みを強要してきたり、最悪なのはゲロを吐き、後始末までしなきゃいけないような女性は生理的に無理の範囲に入ってしまいます。

お酒は適度に飲む で終わりにできるのが本当にイイ女であり、男性側も泥酔させるまで飲ませることはしないように。

●(4)自分しか見えてない

『ずっと自分の話しかしないで相手の話を聞かない女性はナルシストとしか思えないので、まず恋愛対象にはならない』(35歳/教師)

『SNSを見ると自撮りばかり、会っても10分毎に鏡を見たり化粧を直したりと、“自分好き”すぎる女性はきっと結婚したら苦労するんだろうなあ、と付き合いたくはない』(26歳/飲食)

相手の話を全く聞かない人は異性問わず嫌われるのは当然ですね。
しかも今はSNSで自分のことを簡単に発信できるようになった弊害 か“自撮りばっかりSNSに載せる女は受けつけない”と思われてしまうことも。
またデート中に鏡ばかり見るのもナルシストと思われて引かれてしまいます。

自分好きは悪いことではないのですが、毎日毎日女性が自分の顔を見て自惚れている姿を想像したら男性側も一緒には暮らしたくないな、と思ってしまうのです。

----------

まずは最初に“恋愛対象内”に入らないと始まるものも始まりません。
自分のことを客観的に見られる視点 もモテには必要なのでしょう。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)