有吉弘行

写真拡大

18日放送の「有吉弘行のダレトク」(フジテレビ系)で、有吉弘行が、井森美幸を「リアルなオバサン」呼ばわりする一幕があった。

番組ではエンディングのトークで、男性にモテるアドバイスを尋ねられた井森が「居酒屋で使えるモテ仕草」を披露することに。それは飲食店で運ばれて来たビールを、女性が隣の男性に差し出すシチュエーション。井森は、普通なら男性の側の手で置くところを、あえて相手の座る側の逆の手で渡すという。こうすることでより相手に接近できる、というのだ。

これは井森いわく「クロスの法則」なのだという。「ちょっとドキッとしたでしょ?」と、迫る井森に向かって、有吉は「ああなるほど。オバサンが近づいてきた」と毒舌を放つも、「ちょっと気になってる女性ならいいかもね!」と一定の理解を示す。

そこで井森の手本を、出川とおかずクラブのオカリナのペアで試すことに。オカリナは手にしたスマートフォンを「これ見て?」と「クロスの法則」で出川に迫った。するとなぜかふたりは見つめ合い始め、有吉が「あれ? 何? 良いムード」とネタ振りをすると、顔を近づけ本当にキスをしスタジオは大爆笑。出川は「なんだ!? このコーナーはよ!」と自分でツッコみ、呆れ返っていた。

すかさず今度は出川が「井森さん、ちょっと有吉見て?」と、キスの振りを押し付けたのだが、有吉は「こんなリアルなオバサン無理だよ!」と冷たく突き放し、さらなる爆笑が起きていた。有吉の発言には井森が「何がリアルなオバサンよ!」「ちょっとあとで楽屋に来てよ!」と不満を爆発させていた。

【関連記事】
有吉弘行 不倫疑惑のアレクサンダーの番組態度に苛立ち「何も笑えない」
有吉弘行が通う意外な店「世界堂に行くのめちゃめちゃ好きだから」
有吉弘行とマツコ・デラックスがイマドキ女子のSNS事情に驚愕