米首都ワシントンのホワイトハウスで演説するドナルド・トランプ大統領(2017年3月29日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】欧州委員会(European Commission)のジャンクロード・ユンケル(Jean-Claude Juncker)委員長は30日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット、Brexit)を称賛し続けるなら、米オハイオ(Ohio)州やテキサス(Texas)州の独立を支援するつもりだと冗談を飛ばした。

 マルタの首都バレッタ(Valletta)で開かれた欧州人民党(EPP)の会合での発言。前日29日には、英国がEUからの離脱手続きを正式に開始している。

 ユンケル氏は、トランプ大統領について「英国の離脱を喜んで見ている」と指摘。「もし彼がそのような姿勢を続けるのならば、私はオハイオ州やテキサス州オースティン(Austin)の独立を働き掛けよう」と続けると、会場からは笑いがこぼれた。

 トランプ氏は以前、EU離脱をめぐる英国民投票に対し、良い考えだとの見方を示すとともに、他の国々も後に続くだろうと述べている。

 ユンケル氏は先週、インタビューの中で、他国にEU離脱を働き掛けないようトランプ政権にくぎを刺していた。
【翻訳編集】AFPBB News