2016年第4四半期の世界スマートフォン販売台数をベースとした市場シェアで、Appleが0.1%と僅差でSamsungにせり勝ったことがわかりました。

Appleが僅差で首位に

2016年第4四半期(10月-12月期)における、世界のエンドユーザー向けのスマートフォン販売台数は4億3,200万台で、前年同期から7%増えたと調査会社Gartnerが報告しています。
 
またベンダー別販売台数ではAppleが約7,700万台でSamsungの約7,680万台を上回り、販売台数ベースの市場シェアでSamsungの17.8%に対し17.9%と、僅差で首位となりました。
 
Appleが前回第4四半期で首位に立ったのは、iPhone6/6 Plusを発売した2014年第4四半期です。
 

ベンダー2016年第4四半期販売台数2016年第4四半期シェア(%)2015年第4四半期販売台数2015年第4四半期シェア(%)Apple77,038.917.971,525.917.7Samsung76,782.617.883,437.720.7Huawei40,803.79.532,116.58.0Oppo26,704.76.212,961.53.2BBK Communication Equipment24,288.25.611,359.42.8その他185,921.143.1191,708.447.6合計431,539.3100.0403,109.4100.0

2016年第4四半期のエンドユーザーに対する世界スマートフォン販売台数(単位:1,000台)

響くGalaxy Note 7のリコール

Gartnerによると、Samsungは2四半期連続でスマホ販売台数を落としており、2016年第4四半期の販売台数は前年同期と比べ8%減となりました。これには爆発事故多発でリコール、生産中止となったGalaxy Note 7が大きく影を落としています。
 
またHuawei、Oppo、BBKといった中国メーカーが、ミッドレンジ・エントリーレベルのスマホ市場で力を伸ばしてきたことも、Samsungの出荷台数減に影響した模様です。

中国主要スマホベンダーのシェアが7%拡大

2016年第4四半期は、中国ベンダーの勢力拡大が目立ちました。中国の上位3ベンダーであるHuawei、Oppo、BBKを合わせた市場シェアは21.3%となり、前年同期から7.3%拡大しています。
 
Huaweiは、Galaxy Note 7が販売中止となった第4四半期という絶妙のタイミングで「Mate 9」を発売、Note 7の代わりとして受け入れられた、とGartnerは分析しています。
 
また2017年第1四半期中には、Amazonの音声アシスタントAlexaを搭載したMate 9が米国でリリースされるため、2位のSamsungとの差がさらに縮まると見られています。実際、2015年第4四半期にはSamsungとHuaweiの販売台数の差は5,000万台以上でしたが、2016年第4四半期には約3,600万台まで縮小しています。
 

ベンダー2016年販売台数2016年シェア(%)2015年販売台数2015年シェア(%)Samsung306,446.620.5320,219.722.5Apple216,064.014.4225,850.615.9Huawei132,824.98.9104,094.77.3Oppo85,299.55.739,489.02.5BBK Communication Equipment72,408.64.835,291.32.5その他682,314.345.6698,955.149.1合計1,495,358.0100.01,423,900.4100.0

2016年のエンドユーザーに対する世界スマートフォン販売台数(単位:1,000台)

OS別ではBlackBerryのシェアが「ゼロ」に

GartnerはスマホのOS別市場シェアも発表しています。それによると2016年第4四半期には、GoogleのAndroidのシェアが81.7%に達しています。Gartnerによれば、2016年通年では前年からシェアを3.2%拡大、84.8%になったとのことです。年ベースでシェアを拡大したのはAndroidのみでした。
 
この調査結果から浮き彫りになったもうひとつの興味深い点は、BlackBerryのシェアがゼロになっていることです。MacRumorsによれば、ピークだった2009年には約20%の市場シェアを持っていました。
 
かつては市場を席巻したBlackBerryですが、iPhoneの登場以降、ユーザーの需要の変化に対応できず、現在はソフトウェア業へと事業を転換。スマホのブランドは中国のTLC Communicationへと売却しています。
 
事業縮小を続けているMicrosoftのWindowsスマホも、今年の第4四半期にはシェアゼロまで落ち込む可能性が高そうです。
 

OS2016年第4四半期販売台数2016年第4四半期シェア(%)2015年第4四半期販売台数2015年第4四半期シェア(%)Android352,669.981.7325,394.480.7iOS77,038.917.971,525.917.7Windows1,092.20.34,395.01.1BlackBerry207.90.0906.90.2その他OS530.40.1887.30.2合計431,539.3100.0403,109.4100.0

2016年第4四半期のエンドユーザーに対するOS別世界スマートフォン販売台数(単位:1,000台)
 
 
Source:Gartner,MacRumors
(lunatic)