6日、韓国・釜山の日本総領事館前への慰安婦少女像の設置をめぐり、日本政府が本格的な外交・経済的対応措置を打ち出したことを受け、少女像設置を主導した市民団体が日本を強く非難している。資料写真。

写真拡大

2017年1月6日、韓国・オーマイニュースによると、韓国・釜山の日本総領事館前への慰安婦少女像の設置をめぐり、日本政府が本格的な外交・経済的対応措置を打ち出したことを受け、少女像設置を主導した「未来の世代が建てる平和の少女像推進委員会」(推進委)は日本を強く糾弾し、韓国政府による積極的な対応を要求した。

推進委は「日本は失礼な外交的措置を取るのではなく、慰安婦問題をはじめ植民地支配と戦争犯罪に対する公式謝罪と法的賠償に取り組まなければならない」とし、「それだけが少女像設置を解決できる唯一の方法」と述べた。

推進委はさらに「韓国政府は、日本の傲慢(ごうまん)な外交的態度に対し、国民の要求を反映して、慰安婦問題日韓合意の破棄という断固とした立場で対抗することを要求する」とし、「盗っ人たけだけしい日本の外交攻勢と、韓国政府の中途半端な態度が続けば、日本を糾弾し韓国政府の主権外交を促す国民の要求と怒りはさらに高まるだろう」と付け加えた。

推進委は少女像を、噴水などと同様に公共の場に設置した美術品(公共造形物)として登録する活動を進めており、今後撤去要求が来ても断固として対応していく方針だ。少女像が公共造形物として登録されると、韓国文化芸術振興法により認められた合法な建造物となる。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「慰安婦問題日韓合意には、少女像撤去の文字は明確には入っていなかったと思うが…」

「日本は大韓民国の国内政治に関与しないでくれ。これはわれわれの問題で、あなた方がとやかく言うことではない」
「日本から受け取った10億円は返却して、日韓合意を破棄しろ」
「日本に謝罪と反省を望むこと自体が間違っている。少女像は大韓民国の各都市に建設せねばならない」

「元々日韓請求権協定によって受け取った金を誰が使ったと思っているのだ(当時の朴正煕大統領が国のインフラ整備などに使用)。『盗っ人たけだけしい』とは韓国側だと思うぞ」
「従北勢力らが建てた少女像をこのままにしておいていいのか」
「この国の左派は本当にどうしようもないな」
「単なる市民団体が、いったいどんな権限で少女像を建設できるというのだ。このせいで外交的損害が甚大だ」
「そんな像、もう処分したらどうだ」
「ちょっと冷静になったらどうだ。少女像を建てたからといって解決できる問題があるのか」(翻訳・編集/三田)