死刑執行で13分間苦しむ 米国で薬物注射の有効性めぐる議論再燃

ざっくり言うと

  • 米アラバマ州には薬物で死刑囚を眠らせてから、心臓を止める死刑制度が存在
  • 死刑囚が咳をあえぐなどして13分間にわたって苦しんでいたことが、分かった
  • これを受け、死刑執行に使われる薬物注射の有効性を巡る議論が再燃している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング