クリントンかトランプか……2016年11月9日、繰り広げられたアメリカ大統領選。ヒラリー・クリントン氏が初の女性大統領となるか、はたまた爆弾発言の宝庫として知られるドナルド・トランプ氏が革命を起こすのか。空前の大接戦の末……トランプ大統領の誕生が決定した。

今日を迎えるまで「なんだかんだでクリントンだろう」とみんなが思っていたに違いない。激しい舌戦に、大逆転劇。いろんな意味で歴史に残る大統領選挙だった。そして、私たちが考えなくてはならないのはこれからのこと。トランプ氏が大統領になるとどうなるのか? これまで発表した公約や政策を、簡単な言葉でまとめてみた。

・【軍事】

トランプ氏の選挙スローガンは「アメリカを再び偉大に」。軍事を増強する気満々な軍事関係の公約は以下の通りである。

1. 米軍を超強くする
2. 米軍を超デカくする
3. とにかく誰にもアメリカのやり方には口出しさせへんで
4. 日本、ドイツ、韓国、サウジアラビアはもっと米軍に金を出せ
5. 金出さんかったら協力してあげへん
6. 中国! アジアで調子乗ってるらしいやん
7. とりま東シナ海と南シナ海の米軍増やすわ

・【IS】

ISについても積極的に追い詰める意向のトランプ氏。ISを倒すためならロシアとも協力する。IS関係の公約が下記の通り。

8. ロシアと一緒に ISシバく
9. 石油を爆撃するぞコラ
10. 法律で禁止されてる水責めもIS尋問するために復活じゃ
11. 戦闘員は家族も連行するし、インターネットも使わせへん!
12. シリア国内にシリア難民の地域作るから、湾岸諸国は金出せや

・【経済】

経済においてTPPからの離脱を宣言しているトランプ氏。中国は格好の標的だ。

13. TPPとかイミフ。いち抜けた
14. 国内の税はとりあえず大幅に下げるで
15. 税金イミフやからもっとシンプルにするわ
16. ついでに中国の貿易税増やしとこか

・【内政】

減税と税制簡素化を公約に掲げているトランプ氏。19兆ドルの財政赤字を解消すると公約しているが、その方法について正式な政策案は公表していない。

17. 貧乏人は所得税を払わんでええで
18. とにかく雇用増やすで
19. とにかく政府の使う金も減らすで
20. ワイが19兆ドルの赤字なくしたるわ! スゴイやろ!!
21. やり方? さあ……?
22. 事前事業の寄付とかローン金利の控除は残す
23. 銃は持ってたほうが良いに決まってるやん
24. オバマケア? 何それ撤廃ー
25. 保険会社に対して、持病のある人にも保険を適用するよう義務付ける。←オバマケアの特徴

・【移民】

移民についてトランプ氏は徹底的にブロックする構え。特にメキシコの国境に壁を建設した後、費用をメキシコに持たせる公約は思っていてもなかなか言えるものではないだろう。

26. メキシコ! 移民ウザいから国境に壁作るわ
27. そうそう壁の費用メキシコ持ちな! 払わんかったらシバくから
28. アメリカにいる不法滞在者は全員帰れ。っていうか俺が帰す
29. 不法移民の子は米国で生まれたとしても外人やろ普通
30. イスラム教徒とシリア難民はアメリカに入るな
31. 国境監視員の数3倍ドーン!
32. アメリカで仕事できるのは全員生粋のアメリカ人だけな

・【環境】

環境問題についてはあまり言及していないトランプ氏だが、温暖化対策のため温暖化ガスを抑制する国際協定「パリ協定」からの離脱を宣言している。ちなみに「パリ協定」は気候変動枠組条約に加盟する全196カ国全てが参加した世界初の気候変動に関する国際的枠組み。

33. 温暖化ガス削減するとかやってられっか

・まとめ

間接的に日本にも大きな影響を与えるアメリカ大統領選。トランプ氏は本当に公約を実現するのか? またトランプ大統領は日本にどういう影響を与えるのか。正直、不安である。なお、対日に関してはトランプ氏が言及しているのは、『「駐留米軍」の負担増額、応じない場合は在日米軍の撤退も示唆』という内容のみだった。

参照元:ドナルド・トランプ公式HP
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る