おそらく、こういった計算方法をなんとなくは知りつつも、しっかり使いこなせるほどマスターしている人は少ないのではないでしょうか?今日こそ、そのきっかけの日になるかもしれません。

ここで紹介するのは、米メディア「Higher Perspective」で紹介されて話題になった「かけ算の方法」です。

01.
2桁のかけ算を
頭で簡単に計算!

2桁のかけ算が計算しやすくなる方法。

92×96=8,832の場合だと、

Step1: 左側の数字を100から引きます。100-92=8
Step2: 右側の数字を100から引きます。100-96=4
Step3: 引いた数字を足します。この場合8と4を足します。8+4 =12
Step4: Step3ででた数字を100から引きます。100-12=88 この数字が答えの左側になります。
Step5: 引いた数字をそれぞれ掛けます。この場合8と4を掛けます。8×4 =32 この数字が答えの右側になります。
Step6: Step4の数字を左側、Step5の数字を右側に置くと、答えである「8,832」の完成!

02.
「インド式」最強のかけ算

次に紹介するのはインド式かけ算の方法。線を描くだけで計算ができるという優れもの。このやり方を知ったらもう戻れないかも!?

21×13= の場合は、左側の「21」から、「2」本と「1」本を右斜め上に、線を引きます。

掛け算をする右側の「13」から、「1」本と「3」本を左斜め下に、線を引く。

線と線が交わっているところを数えていくと…

21×13=273となります。

これは慣れてくると早く計算できるようになるので、参考にしてみてください。

03.
「11」と2桁の数字を
かけ算する方法

11と2桁の数字をかけ算する場合は、ある法則があります。

35×11=385の場合、上の絵のように、3と5をそれぞれ右と左において、真ん中の数字は3と5の足し算の8。

結果「385」が答えになるという計算方法です。

04.
6,7,8,9のかけ算を
指をつかって計算する方法

(※1〜5の数字、2桁はできません)

7×8=56の場合だと、

Step1: まず両方の手を出します。
Step2: 左手で左にある数字の7を、親指から数えます。
Step3: 次に右手で右にある数字8を、親指から数えます。

Step4: この時、数えた指から小指までののこった指の数を両手分足して、10を掛けます。この場合上記図のように、5×10=50。

Step5: 次はStep4で使った以外のあまった指の数をかけ算します。この場合3×2=6。
Step6: Step4とStep5ででた数字を足して完成。56になります。

Licensed material used with permission by Higher Perspective