6日、G20サミットに出席するため中国を訪れた安倍晋三首相が5日夜の会見で発した言葉に中国のネットユーザーが反応を示している。写真は西湖の錦帯橋。

写真拡大

2016年9月6日、G20サミットに出席するため中国を訪れた安倍晋三首相が5日夜の会見で発した言葉に中国のネットユーザーが反応を示している。

安倍首相はこの席でサミット開催地となった浙江省杭州の名所・西湖を訪問できたことを挙げ、手厚い歓待に感謝の意を示した。その上で、自身が杭州を訪れるのは今回が初めてだが、1985年10月にここを訪れた母親から杭州の美しさを聞いていたとのエピソードを披露。そして地元・山口県にも西湖にかかる橋と同じ名の錦帯橋(岩国市)があることに話は移り、約340年前の岩国藩主が橋をかける際に杭州の錦帯橋を参考したことに言及して両市が2004年に姉妹橋縁組を結んだことを紹介、日中の交流がさまざまな地域、レベルで広く深く行われてきたことを示すものとの考えを示した。さらに首相は「西湖と杭州の大ファンになった」とも発言。機会があれば母や夫人を連れて再び訪れたいとも語った。

在中国日本大使館が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でこの発言を紹介したところ、中国のネットユーザーはさまざまな反応を示しており、辛口の意見もあったものの「礼儀と誠意を感じた」「日本がこれまで中国に行った支援を知る人は少ないだろうな」「平和と友好にバンザイ!」「中国と日本が永遠に平和で戦争をしないことを願う」「日本の錦帯橋に行ったことがあるよ」「中国と日韓は同じ文化圏。欧州みたいに共同体であるべきなのに」「もう1人の安倍さんを見た気がする」「浙江市民のビザ緩和に期待している」「杭州訪問が両国関係に新たなチャンスをもたらしますように」など好意的なコメントも多数見られた。(翻訳・編集/野谷)