デートを重ねても恋人関係になろうとしない男性の本音5つ(photo by Antonioguillem/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】何度もデートをしているのになかなか恋人関係になれない…。デートができるということは、少なからず彼もあなたを意識しているはず。では、なぜ彼はその先へ進もうとしないのでしょうか?そこで今回は、デートを重ねても恋人関係になろうとしない男性の本音に迫ってみました。

【他の記事を見る】男性が本命の女性には絶対にやらないこと5つ

♥恋人になるべき相手かどうか見極めている


もしかすると、まだあなたがどんな人なのか、相性が合うかどうか見極めている最中なのかもしれません。

恋愛に慎重な男性ほど、より一層時間をかけて相手のことを知ろうとします。

デートを数回しただけでは決意が固まらないのでしょう。

真面目で時間をかける男性なら、焦らずにゆっくり交流を深めていってください。

これから先、デートをさらに重ねることで、どこかで必ず気持ちの整理がつくはずです。

それまでは諦めず、一緒にいる時間を楽しんでいきましょうね。

♥一歩先に進む勇気がない


居心地の良い関係から一歩先へ進む勇気がないという気持ちから恋人関係になれずにいるパターンもあります。

想いを伝えてしまったら今の関係が崩れるのでは、フラれてしまうのではとネガティブに考えているのです。

自分に自信がない男性は、何度もデートをしていて相手の気持ちを確かめているはずなのに、いざという時は尻すぼみしてしまうもの。

そんな時は、まず彼に自信をつけさせなければなりません。

本当に心の底から彼を愛していることをあなたから伝えてみるといいでしょう。

あなたから行動するのも1つのポイントですよ。

♥友達だと思っている


あなたからすればデートでも、彼にとっては友達同士の遊びにしか捉えていない可能性もあります。

完全に友達の1人として遊んでいるなら、何回会ってもその先へ進むことはできません。

ただし、友達関係から恋愛関係に発展することは少なくないこと。

2人きりで遊ぶということは、あなたを好意的に思っている証です。

恋人同士になれない…とすぐさま諦める必要はありませんよ。

♥すでに恋人同士になっている


何度もデートをした後に、告白してから付き合い始めるという流れが一般的。

しかし、中には告白をしなくても付き合っているのだと認識しているケースもあるのです。

何度デートを重ねてスキンシップをしても告白がないのなら、あなたから尋ねてみてください。

「私たちってどんな関係なのかな?」「付き合っているのかな?」と思い切って伝えてみると、彼の本音が聞けるかもしれませんよ。

♥キープ状態になっている


もしかするとキープ相手になっているのかもしれません。

彼の思うままになってしまっては都合の良い女性として遊ばれてしまいます。

どれだけ彼のことが大好きでも、相手に合わせすぎないよう自分の意思を持つことが大切です。

特に、カラダを求められた時は簡単に許してしまうと後悔することになりますよ。

いかがでしたか?

今、彼が何を考え、あなたのことをどう想っているのか、態度や表情をチェックしながら判断してくださいね。

ただし、自分の勝手な考えで彼の気持ちを決めつけることだけはしてはいけませんよ。(modelpress編集部)