火星と地球、2005年以来11年ぶりの近さに接近

ざっくり言うと

  • 火星と地球が、2005年以来11年ぶりの近さに接近している
  • NASAによると、18日〜6月3日ごろにかけ火星が大きく見えるようになるという
  • 最も接近する5月30日には、約7530万キロの距離まで近付くとみられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング