メールの返信は、グーグルのAIにおまかせ

写真拡大

グーグルの人工知能といえば、囲碁 AI「AlphaGo」がトップ棋士に勝利をおさめた歴史的出来事が記憶に新しい。が、それだけではない。検索サーヴィスをはじめ、同社のビジネスの至るところに拡大している。グーグルが描く、AIによるメールサーヴィスの未来。

SLIDE SHOW 「メールの返信は、グーグルのAIにおまかせ」の写真・リンク付きの記事はこちら
googleai02

2/7グーグルAI記事まとめ|メールサーヴィス「Inbox」
「Inbox」は、メール返信文を「自動で生成」する(2015.11.5)PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

googleai03

3/7グーグルAI記事まとめ|囲碁AI「AlphaGo」
「囲碁の謎」を解いたグーグルの超知能は、人工知能の進化を10年早めた(2016.1.31)
PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

googleai04

4/7グーグルAI記事まとめ|Google ドキュメント
Googleドキュメントは「検閲」する(2015.9.4)PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

googleai05

5/7グーグルAI記事まとめ|Google フォト
「Google フォト」は驚くほど手間のかからない「アルバム」アプリ(2016.3.25)IMAGE COURTESY OF GOOGLE

googleai06

6/7グーグルAI記事まとめ|Google カレンダー
AIがあなたの秘書になる日:未来のGoogleカレンダー「Timeful」が実現する世界(2015.5.20)PHOTOGRAPH COURTESY OF TIMEFUL

googleai07

7/7DeepMind:AlphaGoをつくった「4億ドルの超知能」はいかにして生まれたのか?(2015年12月1日発売雑誌『WIRED』日本版VOL.20から転載)

Prev Next

グーグルの人工知能(AI)は、もはや計り知れない。昨年登場した「Google フォト」は写真を整理してくれるし(写真アルバム自動作成機能が最近発表された。上記ギャラリー#5)、「Google Docs」は音声入力でファイル編集を可能にしてくれる(ギャラリー#4)。それに、囲碁AI「AlphaGo」は、2,500年の歴史をもつチェスより複雑な囲碁でトップ棋士たちから勝利を収めるという歴史にその名を刻んだ(ギャラリー#3,7)。

そして、次はグーグルの次世代メールサーヴィス「Inbox」にその波がやってきている。Inboxは、あなたの代わりにメールの返事を書いてくれる。

勝手にその返事が送信されたするわけではない。AIが提案してくれる3種類の返事のなかから返事を選ぶのだ。提案された返事をベースに編集して好きに書き足すこともできる。この自動返信機能「Smart Reply」のブラウザー版が公開された(AndroidやiOS用は2015年11月に公開されている)。

この自動返信機能を担っているのは、トレーニングを通じて動作を学習するようプログラムされたグーグルのニューラルネットワークである。実際テストしてみると、Smart Replyは本物の人間からのメールとスパムを判別することができる。前者にはワンクリックの返事を提示するが、後者に対してはその提示は行われない。

「最初の判断はニューラルネットワークが行っています。これまでもあった、スパムメールや広告メールと個人的なメールとを振り分けする際に使用している機能とよく似ています」と、グーグルの上級研究員グレッグ・コラードは言う。「グーグルのネットワークは学習し、短い返事で済むかそうでないのかを予測するのです」

Smart Replyでは「返信」の欄に、3通りの返信内容が生成される。グーグルのエンジニアたちは、メッセージそのものにはアクセスしないように言われているという。そこでニューラルネットワーク、AIの出番となるのだ。

コラード氏は言う。このテクノロジーはいずれ受信箱を単に圧縮するよりずっと“大きな存在”になるだろう、と。

「いま、AI開発がエキサイティングだとされるのは、そのアイデアや原理が何にでも当てはめられるから。既存のシステムを適用できないようなケースにさえ(AIは)適応してしまうのです」とコラードは言う。

「Smart Replyの研究の背景には、機械翻訳を改善しようという出発点がありました。自動でメール返信することを狙っていたわけではなかったのです」

AIが得意なこと、苦手なこと

実際に使ってみる。Smart Replyから提案された返事はどれも、トンチンカンでなく感心するほど人間味がある。コンテクストをとらえている。とはいえ、それも限定的な状況においての話だ。

Smart Replyは「はい」か「いいえ」で答えられる質問には適切に応えてくれるが、フリーアンサー型の質問になると笑い転げてしまうような回答を連発したりする。「何が食べたい?」という質問に対して生成された返事は「なんでもいいよ」「あなたは?」「さあね」だった。

それゆえ、一般公開されているヴァージョンでは二者択一タイプの質問を解析できないが、コラード氏によれば社内ヴァージョンではそうした状況も扱っているという。例えば「サラダに入れるのはセロリにする? アーティチョークにする?」という質問に対しては、「どっちでもいいよ」「どちらもいいな」「君の好きなようにして」といった曖昧な返事が生成される。

「開発中のSmart Replyは、欲しいものを選んで答えることができますし、すでに多くの場合では正しく処理できています」とコラード氏は言う。「ただ残念ながら、関係のないことも山ほど言ってしまうので、たくさんの人にご利用いただけるほど安定して役立つようなものにはなっていないんです」

だが、短い自由回答型の質問に対しては、的確な返事が生成されるという。「実は、それは狙ってそう設計したわけではなく、UIに収めるために短い返事を書くようSmart Replyに制限を設けたことが大きく影響しているのです」とコラード氏は説明する。「相手に質問を投げ返すフレーズは短いことが多いので、うまく表現されるんです」

例えば「明日電話くれる?」に対しては「いいよ、何時?」「いいよ、どうした?」「明日は無理だな」という返事が生成される。ミーティングのスケジュール変更についての質問には「次の火曜日でどう?」という返事が提案された。わたしの予定では火曜日は空いていたので、AIがスケジュールをチェックしているのかと思いそうになったが、それは単なる偶然だった。

カレンダーチェック機能についてはコラード氏は何も明らかにしてくれなかったが、将来の課題のひとつだと言う。

グーグル「Smart Reply」説明動画。

自動返信による未来像

Smart Replyは、単純な「Yes/No型」の質問でもっとも威力を発揮する。そして、生成されるメッセージは、ユーザーが選択した返事から学習を重ねることで、時間とともに次第により「賢くなる」ようデザインされている。

Smart Replyで生成される文章のトーンは、コラード氏によると、受信したメールがフォーマルかインフォーマルかその文脈を参照して判断されるという。カジュアルなメールには、感嘆符が付けられることもあるが、それはその人自身による文章スタイルに基づいた判断ではない。

「Smart Replyが情報を個人の連絡先と結びつけたり、個人の行動を学習することはありません」と、コラード氏は言う。「個人の生活スタイルのマッチングは、人工知能で活発に研究されている領域ですが、個々のユーザーというレヴェルでの個人化は、少なくとも現段階ではSmart Replyでは考えていません」

グーグルによれば、モバイル版のInboxで返信されるメールのうち10パーセントがSmart Replyで行われているというが、この事実をテクノロジーが機能しつつある証左ととらえるか、人間がいかに非個性的になったかを示す悪い例と考えるかは、考え方次第ではある。

開発の真意をコラード氏はこう語る。それは、日々発生してしまう単純なメールのやりとりに要する時間を効率的にすることであり、心のこもったメッセージを作成するのに対応しようというものではない。ユーザーがこの「現実世界でより多くの時間を過ごす」ことができるようになることを期待している。

「『じゃあね!』と打つのに使う時間が積もり積もって圧縮されれば、実際に友人や家族と余暇をより長く楽しく過ごすことができるのです」