25日放送のラジオ番組「木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!」(TOKYO FM)で、SMAPの木村拓哉が、女子大生がぶつけた就職に関する悩みに首をひねる場面があった。

新年度を目前に控えたこの日の番組では、20歳の女子大生が「好きなことを仕事にすることについてどう思いますか?」という質問を寄せていた。この4月から大学3年生となり、就職活動が目前に迫る中、「仕事と好きなことは違う」「好きなことを仕事にするのはいいと思う」という意見の間でおおいに悩んでいるというのだ。

木村は不思議そうな様子でこのメールを紹介し、すぐさま「なんで迷う必要があるのかな?」と疑問を投げかけた。「『好きなことを仕事にすることってどう思いますか?』という一文を読んだ時点で、僕の中ではすごくクエスチョンだったんですけど」と、心中を明かす。

さらに、好きなことを仕事にできる強みは間違いなくあると指摘。そのうえで、無理に「仕事と好きなことは違う」と片付ける必要はなく、現時点で「好きなことをやってみたいな」と感じているなら、その方が絶対にいいと断言した。

木村は「好きなことであれば、すごく高いところまで自分を持っていけることができるんじゃないかなと思うんですけどね」「それでNG食らったりした場合には、辛いかもしれないけど、選んだのは自分だし」と語り、自分の責任で好きなことを仕事にするなら、つまづいたときも納得できると持論を展開した。そして、この番組も仕事のひとつである一方、「『やだなぁ』と思ったら、絶対にやんないですね」と口にする。

最後に木村は、この女子大生に対して、「好きなことが仕事になったらもっともっと好きになるんじゃないか」とエールを送っていた。

【関連記事】
中居正広と木村拓哉 文化祭中に2階の窓から逃げた過去
木村拓哉が自身のラジオ番組「What’s UP SMAP」の名前に込めた意味を告白
木村拓哉がネットで話題の格言「キムタクも俺になれない」に疑問