15日、あるTwitterユーザーがユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、10万円以上するグッズを購入したと報告し、反響を呼んでいる。

ユーザーはUSJで、10万7700円で売られているグッズ、漫画「進撃の巨人」に出てくる「立体機動装置」を買ったそうだ。
投稿では、レシートの画像とともに、このグッズの購入を検討している人に向けて、いくつか注意事項を綴っている。

まず、商品を持ち帰ることは出来ないが、USJ内の着用が可能だ。USJ内での着用の後は預けられ郵送されるとのこと。また、「購入する」と言うとUSJのスタッフがガッツポーズをしてくれ、しかも現金で払うと驚かれると、ユーザーは伝えている。

このツイートは、18日15時の時点で2万4000件以上のリツイートと、1万2000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で大きな話題となっている。

さらに、ユーザーは補足として、先のツイートで「商品を持ち帰ることは出来ません」としているのはレンタルという意味ではなく、「立体機動装置」を購入し、そのまま電車などに乗って持ち帰るということがNGという意味だと説明した。そのため、購入の際はレジで、住所、名前、連絡先などを書く必要があり、その後、郵送で届くそうだ。

【関連記事】
映画「進撃の巨人」脚本家の町山智浩氏 試写会で驚いたことを告白
平成ノブシコブシ・吉村崇がビットコインで10万円の損失を出したことを告白
女子大生が就活の自己分析に激怒「分析する自己と分析される自己が分裂してしまう」