神を冒涜したと信じ込んだ少年、自分の手を切り落とす パキスタン

ざっくり言うと

  • パキスタンで15歳の少年が自分の手を切り落としたと15日、分かった
  • 集会で質問の意味を取り違え、神への冒涜だと群衆に即座に非難されたため
  • 手を聖職者に見せ、両親や近所の人たちから祝福されていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング